一昨日から昨日にかけて実施した投資本の購入先アンケートですが、皆様のおかげで無事に100件を集めることができました。

投票して頂いた皆様、ありがとうございました。


気になるアンケート結果は、アマゾンがダントツの1位という結果でした。


Q1. 普段、投資本購入に利用している本屋さんを選んで下さい。
tousihonn-Q1

















購入したことのある本屋さんでは、
1位 アマゾン   39.8%
2位 店頭     30.1%   
3位 楽天ブックス 12.4%

という順位です。

アマゾンは100人中74人が利用したことがあり、店頭を押さえて1位になっています。
投資本はネットで買う人が多いようです。
・ネット投資家はネットショッピングに対しての抵抗がない。
・当ブログの読者層はマイナーなバリュー投資家が多い。
と予想されることが原因でしょうか?
マイナー本は店頭ではなかなか購入できないですから。

また、ネットショッピングといえど、アマゾンと楽天ブックス以外ではほとんど購入されていないことがわかります。


Q2. 第1問の中でもっとも利用する本屋さんを1つ選んで下さい。
tousihonn-Q2

















第2問目の最も利用する本屋さんも
1位 アマゾン   47%
2位 店頭     28%   
3位 楽天ブックス 11%

とランキングは第1問と同じですが、寡占化という点ではアマゾンへの一極集中がより高まっている結果となっています。

アマゾンは宅配のスピードが早いので便利ですし、弱点と思われてたポイントサービスも最近は始めましたから、死角らしい死角は見あたらなくなりましたね。


今回のアンケートからアマゾンの強さを感じることができました。
ネットの世界は業界1位がどんどん強くなっていくゴリラ業界だと思うので、勝ち組のPERが高くなることは自然なことなのだと思います。

あと、これだけ集客力が違うと、アフィリエイターはアマゾンを利用した方が良いということになりますね。

スポンサードリンク
(続き)

おまけのアンケートで性別、年齢、職業にも答えて頂きましたが、
・性別は男性が9割
・年齢は25歳から40歳までが多い。
・職業は技術系会社員がダントツで1位
という結果でした。
スポンサードリンク