日本株と外国株はパフォーマンスが対照的な今日この頃ですが、そう言えば伝聞で聞くだけで実際に見たわけではないんですよね。
そういうわけで、久々に以前購入していた投資信託のチェックをしてみることにします。ブログで取り上げるのは9月以来です。


AKIアセット・アロケーション・ファンド

■日本株 アクティブ
SGターゲット・ジャパン・ファンド 27,250 -2,568
一言説明:日本株バリュー投資ファンド

■外国株 インデックス
トヨタ・バンガード海外株式 11,435 +1,435
一言説明:世界のバンガードが運用する外国株インデックス投資

■外国株 アクティブ
朝日Nvestグローバル 11,557 +1,556
一言説明:外国株のバリュー投資ファンド

HSBC BRICs オープン 12,119 +1,963
一言説明:新興国への成長株投資

というわけで、
−2,568+4,955=+2,387円
のプラスでした。


これらの購入ファンドはほぼ同じ時期に購入しています。
今の日本の相場環境でプラスになっているんですから、投資対象を広げておくことの重要さが身に染みてよくわかります。

投入資金が6万円なのでアクティブファンドが多くなっていますが、本格的にするとしたら、海外分についてはH株指数ETFS&P500ETFと言った日本で購入できる外国株のETFも取り入れるつもりです。個別株投資は業績チェックが大変ですからねぇ。
あと、さわかみファンドは取り入れたいですね。日本のインデックスはお金をふやす本当の常識によると、投資対象として良くないようなので見送りです。


インデックス投資については南の島に暮らす 〜人生設計と資産運用の極意〜さんが良い運用をされていて、私も参考にしています。


日本で購入できるETFはまだまだ少ないので、もっと買えるように政府を挙げて取り組んで欲しいですね。「貯蓄から投資」にしたいのであれば、インフラ整備をしてもらわないと!
スポンサードリンク
スポンサードリンク