■現物分
・アセット・マネジャーズ 320,000(292,500×2)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 139,000(76,600×5)
・極東証券 1,252(1,640×100)
・アーバンコーポレイション 1,721(1,232×500)
・パシフィックマネジメント 336,000(153,333×3)
・フージャースコーポレーション 168,000(135,766×33)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 124,000(208,000×1)
・極東証券 1,252(2,150×800)
・シーズクリエイト 72,400(79,300×5)


岩井証券18.3期の中間決算を発表しています。
株式市況の冷え込みが気になるところですが、どうにか前年同期比程度の水準は維持しているもようです。

ただ、前期の下半期は絶好調の時ですから、通期の見通しとしては前期には遠く及ばない結果になるでしょう。

極東証券については四季報予想程度が妥当な線かな、と思いますね。


未だに風邪が治らないので今から寝ることにします。
おやすみなさい。
スポンサードリンク
スポンサードリンク