アマゾンを覗いていたら、売上ランキングになんとも興味をそそるタイトルの本がランキングされていました。

その名は「お金と正義」
上下2巻あり、
お金と正義 上巻
お金と正義 下巻
となっています。


アマゾンの内容紹介は、
無数の富裕層を生み出したカリスマが描く物語が、あなたの本当の力に気づかせる!フリーターとIT企業社長が迎えるそれぞれの転機。1人の女性の死をきっかけに、まったく別の道を歩んでいた2人の人生がクロスオーバーする。
舞台は2008年。石川貴和(いしかわたかかず)は、自殺した姉の子、彩香(さやか)と2人暮らしのフリーター。ガソリンスタンドでのアルバイトで生計を立てる。彩香は、12歳にしてインターネットを駆使し貴和の収入を大きく超える額を稼いでしまう。ケンカばかりの2人だが、穏やかな日常を過ごしていた。ところが、自殺したはずの姉が貴和にあてた、謎のメールを発見したことから、物語は大きく動き出す----。
「この物語は----さまざまな嘘のなかから本質を見極め、自分自身の意見を持つ力を----あなたに授けるために書きました」と著者は語る。
揺れる価値観の中で、富める者と持たざる者、あなたが選ぶ未来はどっちだ!?

というものです。


読んでみたい気がするけど、今は読む時間がないので仕事が一段落する来月にでも買ってみようと思います。その頃にはアマゾンのレビューも書かれていると思うので、購入の参考にできるでしょうし。
スポンサードリンク
スポンサードリンク