6/24にフージャースの株主総会に参加して、株主懇談会で社員の方と話をしたことは既に書いていますが、この時、フージャースの広告戦略についての話題が出たので、共同ピーアールのことについて訪ねてみました。


AKI:ブランド力をつけるために、PRに力を入れるのではどうですか?
社 員:PRですか?
AKI:共同ピーアールとかプラップジャパンとか、PRの会社がありますよね?
社 員:・・・。


どうやら共同ピーアールとかプラップジャパンと言った会社はご存じなかったようです。

フージャースは、直接販売に影響を与える広告宣伝に精一杯で、ブランド力など長期的な視点でのPR業務を考えるところまではまだ行っていないのかもしれません。
会社の課題としてはブランド力を挙げているんですが、下がってきたとはいえ成長率は20〜30%ありますから、まだ目先の業績達成にいっぱいいっぱいなのでしょう。

社員の方の話では、東京や神奈川と言った大都市圏で物件を持つのが、知名度UPには一番効果があるだろうと仰っていました。
確かに、実物を見せるのが一番の広告宣伝になるでしょうから、フージャースの場合はまず東京神奈川に進出することが当面の課題です。


そうは言っても、東証一部に上場している日本トップクラスの企業が知らないんですから、PR業界の知名度のなさはなかなかのものではないでしょうか(涙)

業界の潜在成長力はまだまだあるな!と感じた瞬間でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク