■現物分
・アセット・マネジャーズ 267,000(292,500×2)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 124,000(76,600×5)
・極東証券 1,285(1,640×100)
・アーバンコーポレイション 1,432(1,232×500)
・パシフィックマネジメント 225,000(153,333×3)
・フージャースコーポレーション 528,000(407,000×11)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 139,000(208,000×1)
・極東証券 1,285(2,150×800)
・共同ピーアール 2,960(3,010×100)


ここ数日、株に興味を失っていました(笑)
厳しい相場環境が続いていますが、底打ちはいつなんでしょうね?
6月が底であって欲しいところです・・・。

明日は四季報の発売日です。
四季報が相場を変えてくれたら。。。

いちおう仕込みは完了してしまったので、もうじっとしているほかありません。
「上がるまで のんびり待とう 株式投資」
そんな心境です。

スポンサードリンク
(続き)

注目している投資信託のアジアファンド・オブ・ファンズ連動型投信(アジアフォーカス)なんですが、ヘッジファンドに投資しているという実績がよくわかるチャートになっています。

TOPIX、MSCIコクサイ、USドルと言った各種指標は大きく下落していますが、アジアフォーカスは見事な右肩上がり
派手さはないものの、安定感は抜群です。

PFにこういう投資信託を1つ組み込んでおくと、心持ちがずいぶん違ってくると思います。
スポンサードリンク