理系大学生の億万長者への道さんに考えさせられるブログがありました。


アルバイト先の先輩が保有銘柄への就職を考えている、というものですが、保有銘柄への就職を奨めることが出来るか?というのは案外大切な視点なのかもしれません。


一般に株式会社の利益には、
・会社(経営陣)の利益
・従業員の利益
・株主の利益

の3つがあると思います。

例えば人件費が高いということは、従業員の利益が高いことであり、その分会社や株主の利益は低くなっているということです。

これらの利益は互いに相反するものなので、どれかが得をすれば他は損をしている状態です。


株式投資をしていると株主の利益を重視してしまいますが、会社が売上をあげる為には従業員の努力が欠かせません。

そういった意味では、従業員の利益がない企業は今は良くても将来はどうなんだろう?と思うわけです。
従業員の利益には金銭面の他に、やり甲斐や環境の良さ(人間関係など)といったものもあるでしょう。


私は情報収集の一環で、みんなの就職活動日記という掲示板サイトをたまにチェックしています。

この掲示板で昔、保有銘柄のT&Gがめちゃめちゃに叩かれていました。
どうもT&Gのプレゼン内容に問題があったようで、こんな会社に就職したくない、という意見が多数を占めていました。

びっくりしてIRに慌ててメールをしたところ、会社でも大失敗のプレゼンであったということを認識しており、直ちに改善するといった回答が返ってきたのを覚えています。

今はちょうど就職活動の時期ですが、掲示板の書き込みをチェックした限りでは、なかなか評判が良さそうで、まずは一安心です。


株式投資をしていると言うことは、保有銘柄については一般人よりはその会社のことについて知っています。
自分の保有銘柄に友達が就職したいと言った時に、奨められるかどうか?
私の場合は、T&Gやフージャースであれば奨めることが出来るかな、と考えています。
スポンサードリンク
スポンサードリンク