なかなか核心をついたコメントを頂いたので、
ブログにてお答えすることにします。


【コメント】

マンション購入検討者さま

今どきの常識

真に消費者寄りの良心的デベを見分ける方法のひとつに
15階建てマンションをヘーキで造るかどうかというのがあります
良心的デベは14階ですよね。この1階の差の意味、お解りですよね。
購入検討者の間では半ば常識ですので。
https://www.sumai-surfin.com/member/wmbbs/wmbbs.php?b=50&o=37



噛み砕くと、
14階建てだと二重天井、二重床になるが、
15階建てだと二重天井、直床になってしまう。
ということです。





【回答】

直床だと音が下の階に響きやすくなり、居住環境は悪くなります。
品質を重視するマンションは二重天井、二重床にします。
我らがフージャースは残念ながら、二重天井、直床です。
品質を言えば、内装も含めて良いマンションというわけではありません。


しかし、これは全く問題のないことです!!


フージャースは安くて広くてマンションを供給しているのであって、
高品質なマンションを供給しているわけではありません。

マンションの条件には、
好立地、高品質、広い、安い
の4つがありますが、
好立地、高品質、広いの全てを満たせば、
価格が高くなることは当たり前です。

フージャースは4つの条件のうち、
広いと安いに特化したマンションを作っているわけです。


二重床・二重天井のマンションが欲しいなら、
別のマンデベのマンションを買えばいいだけなので、
全く問題ありません。

そりゃ、14階建てでも15階建てでも同じ値段で売っているのであれば、
15階建てのマンションは問題ですよ。
でもそうではなくて1階多く作る分
一戸の価格を下げるわけですから、
価格と二重床のトレードオフをしているに過ぎません。


購入者は
・悪い立地
・品質はごくごく普通
だということはわかって購入しています。
この二つを我慢しても、
安くて広いマンションが欲しいから購入しているわけです。


PS
話題のフューザーは、
好立地で広くて安いマンションを供給していました。
結果、最悪な品質のマンションになってしまったわけです。
「安い」を条件に入れた場合、満たせる条件はあと1つしかありません。
スポンサードリンク
スポンサードリンク