最近のワイドショー年金や老後を題材にするものが多いですね。
みんな漠然ながらも将来に不安を持っているようです。
これからは株式投資では当たり前の自己責任時代に入っていくんでしょうね。
国が老後を保障してくれる時代は終わりを告げたんでしょう。

しかし、そうはいっても現在の教育制度は、一生懸命勉強して良い会社に就職すれば老後は国が面倒を見てくれる、というような事を教えています。
これでは経済構造の変化に気付いていないほとんどの人は取り残されてしまいます。

日本が安定成長するためには政治の力が必要です。

スポンサードリンク
日本の発展を1番に阻害する要因は少子化でしょう。人口が減っては日本の国力低下はあきらかです。
今回の年金改革で少子化対策に手をつけてますが、まだまだ満足の出来るものではありません。

そこでちょっと考えてみました!
私ならアメとムチの政策を採ります。
子供のいる人には優遇を与える一方、子供のいない人は増税しちゃいます。
国民年金や厚生年金の納付額であれば、みんな納得しやすいでしょう。

〇匐,いない人は年金負担額1.5倍
∋匐,1人いる人は年金負担額1.0倍
子供が2人いる人は年金負担額0.8倍
せ匐,3人以上いる人は年金負担額0.6倍
倍率はともかく、こんな税制にすれば子供を作るか!と考える人も増えるんじゃないかと思います。

本案に賛成の方はクリックをお願いします。 →blogランキング
スポンサードリンク