asset-m
昨日は大阪で行われたアセット・マネジャーズグループの会社説明会に参加してきました。

会場はグループ傘下のホテル日航茨木大阪。もとは京都ホテルグループでしたが赤字のホテルでした。アセットM傘下となって黒字転換しているそうです。稼働率は80%〜90%。素晴らしい再生案件の1つですね。

説明会にはアセット・マネジャーズの青木社長、アセット・インベスターズ若山社長、自然堂の新川社長のほか、予定にはなかった古川CEOも来てくれていました。

説明会は1社20分程度の持ち時間で発表、最後に古川CEOよりグループ全体としての話がありました。1社20分というのは短かったですね。表面的な話になってしまっていたので残念です。

スポンサードリンク
主なトピックとしては、

・4月に調達した90億円はすべて物件取得に使用済み。
・物件は地震予想最大損失額(PML)が15%以下の物件を取得している。PML分の地震保険には加入済み。
・資金調達はスピードと金額の確実性を重視するためMSCBを利用する。
・EPS成長率50%未満の場合は、資金調達はしない。
・キムラヤ−2年後上場を目指す。
・計画の見直し(上方修正)を実施中。
・日本Best10の投資銀行(経常利益〜200億円)は達成確実。
・世界Best10の投資銀行(経常利益1000億円〜)を目指す。
・東証への上場は業績の計画と実績の差がありすぎるため認めてくれない。また、上場費用を負担するくらいなら、投資に振り向けたい。

といったところでした。
経常利益が1000億円を超すのであれば、今から投資してもこれでもか!というくらい儲かるとは思いますが・・・。どうなんでしょうね。


説明会終了後、4年で200万円を4億円にしたDAIBOUCHOUさんと初めてお会いすることができました。
しかもホテルの中華料理店で一緒に食事をさせて頂きました。気さくで柔らかい雰囲気を持った方で、雑談の中でざっくばらんな投資話を聞くことができ、楽しいひとときを過ごすことができました。

↓DAIBOUCHOUさん


スポンサードリンク