テイクアンドギヴ・ニーズ第1四半期の決算を発表しました。

05年度第1四半期 04年度第1四半期
売上高 (百万円) 7,788 4,654 (+67.3%)
営業利益 (百万円) 1,513 924 (+63.6%)
経常利益 (百万円) 1,544 935 (+65.2%)
当期利益 (百万円) 896 545 (+64.3%)

可もなく不可もない決算内容だと思います。
今四半期はT&Gの今後を占う重要な決算でした。
今期はSPCと値引き販売による利益率悪化が懸念されていました。
その不安は払拭したのではないでしょうか!

売上原価増減率:+66.3%
販管費増減率:+70.8%
売上の伸びと比較すると、販管費が多くなっていることが読みとれますね。
増加要因については今回の発表ではわからないので、調査が必要ですね。

スポンサードリンク
次に、売上と経常利益について見ていきます。

■1Q経常利益率
前期:20.1%
今期:19.8%
■通期経常利益率
前期:16.0%
今期予想:15.8%
経常利益率については、会社計画どおりといったところでしょうか。
売上が伸びなければ上方修正は難しいでしょう。

■売上達成率
   05年度 04年度 03年度 02年度
1Q 23.1%  21.3%  20.5%  19.5%
2Q     40.2% 38.5%  35.4%
3Q     71.0%  69.6%  62.0%
店舗数が増えるに従って1Qと4Qの店舗数の比が小さくなっていきますから、1Q時点での売上達成率は上昇傾向にあります。
通常、売上達成率の伸び率は直営店比率が上昇するに従い小さくなっていくはずですが、前期と比較すると今期の方が伸び率が大きいことがわかります。
広告宣伝や値引きによる売上増加策が効果を現していると考えられます。
ただし、2%弱なんてまだまだ誤差の範囲ですから、上方修正を期待できる数字ではありませんね。

結論としては、
中間予想に対しての進捗状況は好調なので、中間決算は上方修正があると思いますが、通期予想に対してはほぼ計画値と同じ進捗状況です。
よって、通期の上方修正は現段階ではありませんね。
T&Gは中間予想だけ厳しくする傾向(通期は妥当な数字なんですよね。)にあります。変な予想の仕方だなぁと常々思っているんですが・・・。夏場が怖いのかな???
通期の上方修正は今後の売上次第ですね。


新しい動きとしては、子会社2社を設立するようです。2社はそれぞれ
ワンストップを提供するウエディングポータルサイト
ブライダルに関わる融資事業

を受け持つことになります。
一般に多角化=多悪化と捉えられています。
が、今回は目の前にいる顧客に対する売上を向上させるという目的で行っていますし、ポータルサイトについては相乗効果も見込めます。
投資額についてもそれほど大きく負担はないでしょうから、なかなか良い多角化だと思います。

8/1の決算説明会で決算内容&新事業について、さらに詳しい内容がわかると思います。
要チェックですね。
スポンサードリンク