・クリップコーポレーション 1,655(1,135×200)
・アーネストワン 2,585(2,697×300)
・パシフィックマネジメント 445,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 447,000(218,333×3)
・ファースト住建 2,080(1,730×200)
・ナック 1,923(1,367×200)

パシフィックは今日もまたまた下落。
買ってから一度も含み益になることがないというのはなんとも・・・。
ファースト住建は朝方は元気が良かったみたいですが、理由はよくわかりません。

アーバンコーポレイションが米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)と組んで不動産開発事業を行うようですね。
アーバンはT&G傘下のグッドラックと組んで不動産開発事業を行うなど、提携に積極的なようです。
アーバンは元々マンデベですから、自前の建設能力があります。これを生かして不動産再生事業を手がけているので、普通の不動産流動化会社より選択肢があるのが魅力的です。
スポンサードリンク
スポンサードリンク