成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2014年07月

新しい投資理由を探すな!

良記事があったので紹介します。


自分の投資行動を正当化する @バリュー投資のすすめ

なんでその銘柄を買ったのか、その理由って結構重要で周りを見てて損切りができずにズルズル行ってしまう人は銘柄購入の理由が途中で変わってしまう人が多いと感じています。



悪材料を無視したいために、新しい投資理由を探してくる。

これは、ついついやってしまいます。

自分も心せねば!と肝に銘じておきたいので、ブログでご紹介しました。



自分を振り返ってみると、こういう時って

もう駄目かも

って心のどこかで思っているんですよね。


悪材料は自分の気持ちに素直に従うことが一番だと思います。



AKI成長株ファンド運用成績(7月第4週)

先週、先週末が当面の資産最高値、というようなブログを書きましたが、最高値を更新してしまったので今週末も記録しておきます。

運用成績に大きく貢献しているペッパーフードは決算発表を受けて昨日下落しているので、今回こそ当面の最高値になると予想しています。


【運用成績】

1.月 次
ファンド:+20.9%
TOPIX:+1.5%


2.年 次
ファンド:+28.1%
TOPIX:−1.6%


今週はキトー、ジーフットもパフォーマンスの向上に貢献してくれました。


中国だから駄目というわけではないが・・・

中国の食品工場で起こった鶏肉問題が拡大していますね。

<期限切れ肉>マック「チキン品切れも」 中国製販売中止で
日本マクドナルドは25日、中国の食品会社「上海福喜食品」が期限切れ鶏肉を使用していた問題を受け、中国製の鶏肉を使った「チキンマックナゲット」など8種類の商品すべての販売を中止したと発表した。中国製の材料を使った商品について、利用者の不安の声が高まったため。今後はすべての鶏肉をタイ製に切り替えていくが、調達している鶏肉のうち中国製は4割近くを占めており、日本マクドナルドは「多くの店舗で鶏肉を使った商品の品切れが発生する可能性がある」としている。


マクドナルドは全ての鶏肉をタイ製に切り替えていく、とのことですが、これでタイでも同じような問題が起こったらどうするのでしょうか?

リスク対策については分散投資が基本でしょうから、仕入れ先の多様化が必要だと思います。

また、日本でも食品に関する問題は起こっているので、中国だから悪、というのでもないでしょう。
一企業の不正をもって、全ての企業を締め出す、というのもどうなのか。


もっとも、日本と中国は敵対関係にあるので、地政学的リスクを避ける必要はあります。

そういう面で、日本企業は中国との投資・取引を今後10年以内にできる限り抑える努力をしないといけません!

2686ジーフット 株主優待改善

保有銘柄である2686ジーフットが株式分割を発表しました。

株式分割並びに定款の一部変更及び配当予想の修正に関するお知らせ
・株式を2分割
・1単位当たりの配当は半分に(配当金に変更はなし。)
・株主優待に変更はなし(実質、株主優待改善


今回の株式分割で、
配当利回り:1.68%
株主優待利回り:0.84%→1.68%
配当優待利回り:2.52%→3.36%
となりました。

ジーフットは名証2部銘柄で、出来高が全然ありません。
※今日の出来高はなんとゼロ!

株式分割で株主数を増やして、ぜひとも東証に上場替えをして欲しいところです。

プノンペンにイオンモールがやってきた!

イオンモールプノンペン


イオンモールカンボジア・プノンペンに出店しました。

開店最初の土日の来客数は10万人を超え絶好調のようです。

プノンペンにイオンモールがやってきた!
日本国内ならどこにでもあるようなモールですが、プノンペンにできたのは大ニュースです。
なぜなら、イオンができる前のカンボジアの一般的なショッピングモールはこの写真のようなところ。東京でいうところのアメ横センタービルであり、あちこちでワゴンセールが行われています。
そこに、できたイオンモール。


イオンモールプノンペンにはAKIの保有銘柄も出店しています。

家電量販店のノジマ
飲食のペッパーフードサービス

シューズショップのジーフットは・・・出店していないようですね(涙)
ジーフットへの投資は海外イオンモールへの出店を計算に入れているので、これが事実だとしたら由々しき問題です。
ジーフットHPを見ても、海外店舗はほとんどありません。
アジアではシューズは売れないんでしょうか?

続きを読む

ポジポジ病の処方箋

暴落


紅の鹿の日記さんでポジポジ病の話が出ていましたので、ちょっとばかり便乗してみます。

ポジポジ病
キャッシュがあるとすぐに株を買ってしまう病気のこと。
いつでもどこでもフルインベストメント状態


実はAKIも結構なポジポジ病患者でして、現在もフルインベストメント状態です。

上げ相場の時はイケイケドンドンで絶好調なんですが、そうでない時はどうなるか?

・ライブドアショック
・リーマンショック
といった○○ショックでは確実かつ猛烈に資産をふっとばしていました!

○○ショック後は、
・激減した株式資産
・激安状態なのに、株を買うお金がない。

という悲惨な状態


昔からの投資仲間は過半が億り人になっているというのに、AKIは未だに資産1億円未満
この病気が原因の1つであることは間違いありません。


こんなに酷い目にあっているのに、今もこの病気は治っていない。

こうして客観的にみてみると深刻ですね・・・。



ポジポジ病に罹る一番の原因は、

投資をしないことで儲け損なうことがイヤ

という気持ちではないでしょうか。

少なくとも自分はそうです(笑)


この心理状態が変わらない限り、ポジポジ病はずっと続きます。


続きを読む

AKI成長株ファンド運用成績(7月第3週)

なんとなく、昨日が今月のポートフォリオ最高値
のような気がするので、7月第3週までの運用成績を記録しておくことにします。


【運用成績】

1.月 次
ファンド:+15.3%
TOPIX:+0.1%


2.年 次
ファンド:+22.3%
TOPIX:−3.0%


月次の好調はペッパーフードサービスのおかげです。


【売買ノート】3053ペッパーフードサービス購入

超主力銘柄となっている3053ペッパーフードサービスの売買ノートを記録しておきます。

今回、ペッパーの購入にあたっては、3冊の本を参考にして決定しました。



【購入理由その1】ファンダメンタル

高い成長力
・新業態『いきなり!ステーキ』の大ヒット&高い利益率
  立ち食い店の高回転高粗利率戦術に注目

・新業態『牛たん仙台なとり』の好調さ
・既存店の好調さ
・海外ペッパーランチの成長

参考図書:俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方



【購入理由その2】モメンタム

ミネルヴィニ成長株投資法の購入条件に該当
3053チャート

・移動平均線は上昇トレンドで、株価は移動平均線の上
・第1ベースを突破
・急騰時の出来高増加、低迷期の出来高減少

参考図書:ミネルヴィニの成長株投資法



【購入理由その3】バリュー

割安な株価
・PER20倍未満であり、PERの上昇も期待できる。

PER↑×EPS↑=株価↑↑↑をイメージできることが重要

参考図書:超・株式投資




【売買ノート】
銘柄名:ペッパーフードサービス
コード:3053
購入理由:ファンダメンタル、モメンタム、バリューの3条件が揃っているため。
売却条件:購入の3条件が崩れた時

【銘柄分析】3053ペッパーフードサービス(その3)

いきなりステーキ六本木店
※写真は本日オープンした「いきなり!ステーキ六本木店」(ヤフー掲示板より)


3053ペッパーフードサービスの銘柄分析その3です。

前回の銘柄分析時と比べて、新たな情報が得られたので、
その情報を元に銘柄分析をやり直します。


新たに得られた「いきなり!ステーキ」の情報

・原価率は57%
・損益分岐点は1200万円以上
・月商2000〜3000万円売るビジネスモデル



原価率と損益分岐点が判明したことにより、予測がやりやすくなりました。

pepper5


いきなり!ステーキの売上は月商2000万円(坪月商100万円)が標準的なモデルケースです。

月商1200万円&原価率60%の時に利益がほぼ0になるよう、販管費を修正しました。


いきなり!ステーキの営業利益率は15.5%


4日前に上方修正された営業利益率は6.2%なので、当分の間は利益率は向上していくものと予想します。


インデックスバリュー投資の状況(26.6末現在)

半期の締めということで、2014年6月末のインデックス投資部門の運用成績を記載しておきます。


■AKIインデックスバリューファンド

【運用成績】
月 次:+1.5%
年 次:+1.1%

【ベンチマーク】eMAXISバランス(8資産均等型)
月 次:+1.5%
年 次:+3.3%


6月の運用成績は好調に推移し、年次でもプラス圏となりました。
今年初めてのプラス運用となり嬉しい限りです。


今回からベンチマークも合わせて掲載することにしました。
インデックス投資にベンチマークを導入している人はあまりいません。
しかし、自分の運用が上手くいっているのか確認する意味から、
ベンチマークの設定は必要なのではないかと考えました。

ベンチマークとして採用したのは、
【 eMAXISバランス(8資産均等型) 】

8資産に均等に投資するバランス型のインデックスファンドです。
自分のアセットアロケーションの基本形と同じであることが理由ですが、
それよりもっと重要なことは、
これに勝てないのであれば、独自に運用する意味がない。
というところ。
こいつはリバランスすら自動でやってくれる手間なしファンドですからね。

残念ながら自分ファンドはベンチマークに完敗の状態です(涙)
今年は1度も勝っていないという・・・。
今は株式を大目にしてリスクを取っているので、ベンチマークを上回って欲しいです。


【26.6末アセットアロケーション】


アセットアロケーションは先月と特に変化はありません。



【目標とするアセットアロケーション】

提供:わたしのインデックス


株式のPBRが、
日本:1.5倍以上(現在1.4倍)
先進国:2.25倍以上(現在2.1倍)
新興国:2.25倍以上(現在1.7倍)
になれば、株式偏重アセットアロケーションを止め、目標アセットアロケーションに移行していきます。


続きを読む
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
過去のブログ