成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2008年05月

AKI杯 08年ダメ株復活記念 (G機 5月結果

ライブドアポイント1001Pが当たる「AKI杯 08年ダメ株復活記念 (G機法廚任垢、ここ数ヶ月の状況が報告できていませんでしたので、久々に5ヶ月目の状況を報告いたします。


5月はこれまでパッとしなかった銘柄が大躍進するなど、変化に富んだ1ヶ月でした。
5月末で損益がプラスとなっている銘柄は12銘柄中5銘柄でした。
1月は3銘柄でしたから倍増しています。


それではは上位3銘柄を見てみましょう。

1位  8枠 ブックオフ(3313)        +37.77%
2位 11枠 三光マーケティングフーズ(2762) +27.58%
3位 10枠 ジャックス(8584)        +21.34%

1位は4月まで低迷を続けていたブックオフ。
5月の1ヶ月で一気にプラス圏まで持ってきました。
しかしなんで騰がったんでしょう?
決算もそれなりだと思うんですけど。

2位も同じく4月まで低迷をしていた三光マーケティングフーズ。
ここは6月が株主優待の権利確定月で優待利回りが高いため、株価が騰がってきたんでしょう。

3位は先月までトップを維持し続けてきたジャックス。
第三者割当増資効果もそろそろ息切れしてきたか!?


という訳で5月は8−11−10(複式)という結果でした。
現時点での正解者は残念ながらいらっしゃいません。
残念ながら2銘柄の方もいらっしゃいませんでした。

ブックオフ、三光の2銘柄が人気薄銘柄であったため厳しい結果となりました。

続きを読む

トスコ−会社更生法申請

トスコが会社更生法を申請しました。

トスコ<3304.T>、会社更生手続き開始を申し立て=負債総額32億円


ここ数年は赤字続きでしたが次世代DPFという夢のある銘柄だったので、PBRは1倍を超える高い評価を受けていた会社です。

こういう会社がどうなるんだろう?と興味を持ってチェックしていた銘柄ですが、残念ながら夢破れてしまったようです。


伊藤忠という後ろ盾がいながらの経営破綻ですから、次世代DPFも製品化できるようなレベルではなかったということなんでしょうね。

【売買ノート】 国際計測器ー 購入

ちょっと報告が遅れてしまったのですが、遠心力のバラつきを測定する「バランシングマシン」大手である国際計測器を購入しました。
最近、売買をしてなかったこともあり、思わず買ってしまいました(笑)

自動車メーカーを主な納品先とする会社ですが、自動車関連とは思えない利益率(営業利益率25%前後)を誇る会社。

前期は減収減益でしたが、今期は受注が好調であり大幅増収増益を予想しています。
平成20 年3月期 決算短信(PDF)


■割安指標
予想PER8.7倍
PBR2.39倍
配当利回り5.0%

配当利回りが5%を超えているのが1番の魅力です。
PBRが2倍超と高いことは懸念材料ですが・・・。

また、海外販売比率が60%超であるため、為替の動向には注意が必要と言えます。



【売買ノート】
銘柄名 国際計測器
株 数 200株
価 格 1,100円
購入日 20.5.26
理 由 今期業績予想の良さと配当利回りに惹かれて。
撤 退 予想に反した業績の悪化

初恋

先日、テレビを流し見していた時、良い曲に巡り会うことができました。


村下孝蔵さんの初恋という曲です。


せっかくなのでニコ動でも紹介しておきます。





村下孝蔵 - Wikipedia

初恋歌詞

5/19ポートフォリオ概況

■現物分
・幼児活動研究会 1,300(1,980×100株)
・タビオ 1,170(1,220×400株)
・ハードオフコーポレーション 431(350×300株)
・ソフマップ 270(370×200株)
・三光マーケティングフーズ 75,200(75,900×1株)
・チェルト 1,580(2,000×100株)
・朝日ネット 282(260×1000株)
・ダイオーズ 453(680×300株)
・エイジス 2,845(2,900×100株)
・ヤギ 1,350(1,657×100株)
・ゼンショー 726(650×100株)
・ジーエフシー 932(1239×200株)
・ワークマン 1,660(1800×100株)
・フジ・コーポレーション 360(471×600株)
・SHOEI 1,980(1,400×200株)
・フージャースコーポレーション 37,950(37,000×1株)
・ビジネスブレイン太田昭和 596(710×200株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 16,230(208,000×1株)


フージャースが先週末に減収減益の決算を発表しました。
しかし、今日の株価は小幅下落とそれほど売り込まれませんでした。
最近は悪材料は織り込み済み、好決算には素直に反応と、相場環境が好転していることがはっきりとわかります。

これは小康状態なのか?相場転換の現れなのか??
う〜ん、わからん。


ポートフォリオには変化はありませんが、いくつかの銘柄に買い注文を入れています。
買えると良いんですが。

ハードオフ&SHOEI決算

ハードオフコーポレーション
      20.3期  21.3期
売  上  9195   10000
営業利益  1192   1330
経常利益  1213   1350
当期利益  630    750
今期予想PER7.9倍、PBR0.73倍、今期予想配当利回り4.7%

ハードオフは買い増し候補銘柄なんですが、株価が底堅いのでなかなか買い増しの機会を見つけることができませんでした。
配当利回り5%超の株価が少し買い増しを狙ってみるか。


SHOEI
      中間予想  中間実績
売  上  7100    7369
営業利益  1400    2028
経常利益  1330    2007
当期利益  790     1250

中間決算の利益を大きく上方修正してきました。
原料高、円高の中でこの数字を出してきたことはさすがです。
利益は通期予想の2/3を達成しているので、通期の上方修正も期待できそうです。

この決算なら買い増しもOKかな、と思える決算内容でした。

TSUTAYA DISCAS

最近、TSUTAYA DISCASを使い始めました。

ツタヤのDVD・CDネットレンタルです。


BS FUJIで放送されている朱蒙〔チュモン〕にはまっているんですが、家ではBS FUJIを見ることができないので、DVDレンタルをすることにしました。

※「朱蒙」は、古代朝鮮を舞台に強国・漢を相手に高句麗を建国した伝説の男・チュモンの活躍を描いた壮大な歴史エンターテインメント。あの『宮廷女官チャングムの誓い』に続き、韓国で50%を超える驚異の視聴率を記録した大ヒットドラマです。


チュモンは全81話とすごく長いドラマなので、DVDを借りに行くのも結構な手間になりそう。
借りに行って在庫がないというのも癪だし。
そこでネットレンタルを利用することにしました。


TSUTAYA DISCASは1,974円/1ヶ月で8本まで借りることができます(1本当たり約246円)。
最初のうちはバックナンバーが溜まっているのでこのプランでいって、最新作のみとなってきたら1,344円/1ヶ月=4本(1本当たり336円)に変更すればいいかな、と。

現在は1ヶ月無料キャンペーンを行っているので、加入するには良い機会だと思いました。


同様のサービスは楽天レンタルでもあり、価格は楽天レンタルの方が安いんですが、在庫状況が全般的によろしくないようなので、今回は見合わせました。
楽天カード使いとしては、楽天レンタルを利用したかったんですけど。

続きを読む

5/12ポートフォリオ概況

■現物分
・幼児活動研究会 1,211(1,980×100株)
・タビオ 1,257(1,220×400株)
・ハードオフコーポレーション 374(350×300株)
・ソフマップ 262(370×200株)
・三光マーケティングフーズ 71,400(75,900×1株)
・チェルト 1,490(2,000×100株)
・朝日ネット 282(260×1000株)
・ダイオーズ 422(680×300株)
・エイジス 2,880(2,900×100株)
・ヤギ 1,384(1,657×100株)
・ゼンショー 725(650×100株)
・ジーエフシー 920(1239×200株)
・ワークマン 1,750(1800×100株)
・フジ・コーポレーション 355(471×600株)
・SHOEI 1,830(1,400×200株)
・フージャースコーポレーション 37,500(37,000×1株)
・ビジネスブレイン太田昭和 600(710×200株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 17,000(208,000×1株)


4月と比べると株価も回復基調にある今日この頃ですね。

決算が評価されたのか朝日ネット、ワークマンの株価が堅調

主力銘柄のタビオは株価はそれなりに安定していますが、4月の月次を見る限り勢いが落ちてきたな、と感じざるを得ません。
さてどうするか・・・。


購入検討銘柄はサザビーリーグ、桂川電機etc
PER、PBRの両面で安いんですよね。

長期投資に対する疑問

昨日の割安に対する疑問に続く【疑問シリーズ】第二弾です。


「株式投資は長期で投資をすれば儲かる」と言われます。


確かに各国のインデックスを見る限りそういう傾向は見て取れます。

また、ZAi5月号ではゆうこりんと森永卓郎氏の対談において、森永氏がゆうこりんに、
「じつは株って中期で儲けるのが一番難しいんです。確実に儲けるなら10〜20年持つか、あるいは1秒単位で売り買いするか。数ヶ月や1年で儲けるのは、売買のタイミングがすごく難しい」
と指導しております。


森永氏は長期投資かデイトレが儲かると言っているわけですが、長期投資って本当に儲かるものなんでしょうか?

続きを読む

割安に対する疑問

よく「割安株投資は優れた投資法だ」と聞きますが、それって本当なんでしょうか?

日本株における割安株投資の優位性を証明するために、よく用いられる資料の1つにRussell/Nomura 日本株インデックスがあります。

日本株を機械的に大型株・小型株、成長株・割安株といった分類に振り分けているので、分類別のリターンが一目でわかる優れものの指標です。


ホームページの中に投資スタイル周期表 2007年番があります。
1982年から2006年までの投資スタイル別のリターンを一覧表にしてくれています。
この表は年別のリターンとなっているので、エクセルで累積リターンを作成してみました。

style成長、コア、市場、割安、小型の5つの投資スタイルに分類した投資リターンの比較です。


※投資スタイルの詳細は以下を参照
成長:大型株PBR上位50%の銘柄
コア:時価総額上位50%の銘柄
市場:全銘柄(97年以降は上位1000銘柄)
割安:大型株PBR下位50%の銘柄
小型:時価総額下位15%の銘柄


グラフを見ると割安の累積リターンが圧倒的であり、成長はまったく奮わない成績です。

割安株投資が支持される力強い根拠となっているものですが、投資スタイルの詳細とグラフをを見ていて1つの疑問が浮かびました。

続きを読む
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
過去のブログ