成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2007年07月

AKI成長株ファンド月次報告(07年7月)

当ファンドの7月の運用成績は前月比−2.5%で、3ヶ月ぶりのマイナス運用となりました。しかし、TOPIXは−3.9%であり、2ヶ月連続でTOPIXを上回る運用成績を確保することはできました。

年初来成績は−27.1%と大きく下落した状態に変わりはありません。TOPIXは+1.5%であり、2007年はTOPIXを大きく下回るという厳しい運用成績が続いています。



【概 況】
日本株式市場は7月は米国のサブプライム問題を発端に、世界的に軟調な相場環境となっておりますが、当ファンドそれほどの下落に遇うこともなく、底堅い動きを見せております。
7月の下落の大きな要因としては、先月に大きく上昇したタビオが7月は軟調に推移したことが最大の要因であり、タビオの影響を除くと若干のマイナスに留まります。7月は複数の銘柄の売買を行っております。

中国株については売買は行っておらず、特に変化はありません。



【ポートフォリオ】
1.日本株
■現物分
・協和日成 400(420×1000)
・アセット・マネジャーズ 133,000(292,500×2)
・CHINTAI 69,400(71,250×2)
・タビオ 1,998(1,220×400)
・ソフマップ 455(370×200)
・ダイオーズ 669(680×300)
・エイジス 2,985(2,900×100)
・ヤギ 1,950(1,657×300)
・ジーエフシー 1,239(1,239×300)
・フジ・コーポレーション 493(505×400)
・SHOEI 3,450(2,800×100)
・フージャースコーポレーション 63,700(135,766×1)
・ビジネスブレイン太田昭和 680(710×200)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 34,200(208,000×1)


2.中国株
・ハンセンH株指数ETF 131.500香港ドル (48.128×200株)
・ワション・メーターズ 4.600香港ドル (1.328×6000株)

続きを読む

ダイオーズ−1Q決算

ダイオーズ20.3期1Q決算が発表されています。


      売  上 営業利益 経常利益 当期純利益
今期1Q  4121  272  328  189  
前期1Q  3316  347  350  272
中間予想  7946  577  583  326
通期予想 16387 1332 1338  795 
19.3期  14780 1183 1233  794


1Qは増収減益となりました。
売上高は+24.3%ですが、営業利益−21.2%、経常利益−6.4%、当期純利益−30.5%と利益面ではいいところがありません。

ただし、これはM&Aによる影響が大きいので、現時点では可もなく不可もなくという印象です。


センチュリー21は損切りをしましたが、ダイオーズはまったり投資をしたい銘柄でもあるため、ホールドでいきます。
9月末で株主優待が貰えますしね。

ここまでの大敗となると・・・

参議院選挙は自民党の歴史的な大敗となりそうですね。

市場もここまでの大敗は想定していなかったと思うので、明日は株価が大きく下がるかもしれませんね。


買い増しのチャンスですね!


個人的には安部総理の成長路線というのは好きなので、経済政策がなさそうな民主党は不安です。
民主党は弱者救済をいろいろ取り入れていて、それは良いことなんですけど、日本は経済しか世界に誇れるものはないわけで、経済政策が一番大事だと思うのです。

年金対策は自民党案だろうが民主党案だろうが、どっちでもいいように思いました。
そんなことより大事なことがいっぱいあると考えるんですけどね。


取りあえず、株の税金は上がるのが確定でしょう(涙)


ちなみにAKI党マニフェストは、

スローガン:『成長なくして繁栄なし』

労働者政策:企業減税を財源?とした最低賃金の引き上げ
経済政策:最低賃金の引き上げによる消費の拡大

年金・医療・教育などいろいろ問題は多いですが、経済が成長しないと話にならないことばかりですよね?

ウエディング銘柄比較

先日、ゲストハウス・ウエディングを運営運営するノバレーゼが、日経新聞に業績の上方修正をすっぱ抜かれました。

その後、会社も中間期業績の上方修正を発表しており、業績の好調に推移しているようです。


ウエディング業界は最大手のT&Gが業績の停滞期に入ったことにより、業界全体が低めに評価されているように感じます。
wedding-hikaku






ノバレーゼは上方修正の報道を受けて株価は上昇しましたが、それでもまだPERは12倍くらいですし、成長力が低めのラヴィスなんかはPER8.6倍まで下落しています。
PBRに関しても各社2倍の水準を割り込んでおり、ノバレーゼの1.35倍なんかは、バリュー投資の面から考えても買える水準です。
評価は一時に比べてずいぶん下落しましたが、成長力に関しては各社まだそれなりの水準を維持しており、売られすぎの感があります。


こういう風に業界全体が割安な株価になっている時は、ピーター・リンチのように【業界丸ごと買っておく】という買い方はアリなのではないでしょうか。

信託報酬の逓減

7月から投資を始めたセゾン投信で興味深い話を見たので紹介しておきます。

相互リンク先のrennyの備忘録さんの思わず唸ってしまいましたというエントリです。


セゾン投信の中野社長によると、
ファンドのサイズが大きくなれば、【セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド】、さらにはファンドのサブファンドとなっているバンガードの各インデックス・ファンド両方の信託報酬を引き下げる可能性を協議している
ということなんだそうです。


欧米にはファンドの規模が大きくなると、信託報酬を下げてくれるファンドは存在しますが、日本にはそういったファンドはまず存在しません。
それを信託報酬が年間0.78%という、低信託報酬のファンドが検討してくれているというのですから称賛に値します。


頑張って信託報酬の逓減を実現させて欲しいですね。
影ながら応援しています。

7/25ポートフォリオ概況

■現物分
・協和日成 404(420×1,000)
・アセット・マネジャーズ 147,000(292,500×2)
・CHINTAI 68,700(70,000×3)
・タビオ 1,995(1,220×400)
・ソフマップ 450(370×200)
・ダイオーズ 680(680×300)
・エイジス 2,995(2,900×100)
・ヤギ 1,930(1,657×300)
・ジーエフシー 1,250(1,239×300)
・フジ・コーポレーション 509(505×400)
・SHOEI 3,440(2,800×100)
・フージャースコーポレーション 69,600(135,766×1)
・ビジネスブレイン太田昭和 702(710×200)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 36,900(208,000×1)


今日はタビオが−8.28%と急落
何が起こったのか不安になりましたが特にニュースがあるというわけではなさそうです。
どうしたんでしょうか?

一方、ソフマップは+9.76%と大きく上昇
CPが増えたので買い増してやろうかと思っていたので、この上昇はちょっぴり残念です。

【売買ノート】 センチュリー21・ジャパン 売却

センチュリー21・ジャパンを売却しました。


損切り条件になったわけではありませんが、業績の進捗がイマイチなことから、様子を見ようかと思います。


ビジネスモデルとしては文句のないものなので、ウォッチ銘柄としては追いかけていきたいです。
成長性を抜きにして割安な株価になった時は買い戻したい銘柄ですね。


【売買ノート】
銘柄名 センチュリー21・ジャパン
株 数 1株
買 値 570,000円
売 値 570,000円
利 益    0円
購入日 19.6.12
売却日 19.7.25



関連ブログ
【売買ノート】 センチュリー21・ジャパン
センチュリー21−1Q決算

センチュリー21−1Q決算

センチュリー21・ジャパン 20.3期1Q決算が発表されています。


      売  上 営業利益 経常利益 当期純利益
今期1Q   741  250  255  150  
前期1Q   744  240  248  146
中間予想  1559  550  585  345
通期予想  3290 1205 1270  750 
19.3期   3065 1070 1187  703


1Qは増益は確保したものの減収となってしまいました。
売上は中間期で+5.9、通期で+7.3%を予想しているだけに、減収は黄色信号点滅といったところです。

減収の要因としてはサービスフィーは+4.8%と増加したものの、加盟金収入が−29.1%、その他収入が−21.3%と大きく落ち込んだことが要因です。


前期の売上構成を確認すると、
サービスフィー:2577(+12.0%)
加盟金収入  : 269(+10.3%)
手数料    : 218(+ 9.1%)

加盟金収入や手数料の売上はそれほど多くはないものの、加盟金収入については今後のサービスフィーの伸びに影響を与えるものですから、加盟金収入の減少は悪影響を与えそうです。


今期予想PERは17.5倍であり、割安!!と言えるほどの株価でもないので、撤退して中間決算まで様子をみようかと思います。

新興市場は元通り

新興市場はまたまた元気がなくなってきましたね。

JASDAQは80割れの78.42
JASDAQや東証マザーズは前回安値付近で耐えていますが、ヘラクレスなんて綺麗に下抜けており、見事の下落相場です。

TOPIXとJASDAQを比較しても、見事なくらい正反対になっています。
tya-to




そろそろ買い時なのかもしれませんが、キャッシュポジションがあまりないので、ちょっと使い切るのが早かったか?と後悔の気持ちも・・・。

今のところはポートフォリオはそれほど下がったという印象はないんですが、影響が遅れているだけかもしれません。


残金は保有数の少ない銘柄の買い増しにでも使おうかと考えています。
月次が好調なソフマップとかフジ・コーポレーションあたり。
ソフマップは復活銘柄になるのではないかと、密かに期待しています。

モーニングスターがウイルス感染

投資信託の情報サイトとして有名なモーニングスターがウイルスに感染したようです。


投資情報サービス、モーニングスターのWebサイトが7月23日15時現在で「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と警告を受けている。モーニングスターのプロダクトサービス部によると、同社サイトは7月17日ごろに実際にトロイの木馬型ウイルスである「Exploit-MS06-014」(マカフィーの解説ページ)に感染し、「アクセスすると危険な状態」(同部)となった。外部から指摘を受けてウイルスを駆除し、「いまはアクセスしても大丈夫」という。Webサイトは閉鎖していない。ただ、「どういった形でウイルスに感染したのかはまだ特定できていない」ともいい、セキュリティベンダに調査と根本的な対策を依頼している。


■Googleのマルウェア警告機能に存在感

Googleにはウイルスを検知する機能が実装されているようで、Googleの警告によってサイト管理者がウイルス感染を知ることもあるそうです。

う〜ん、Google恐るべし。
さすがヤフーと並ぶインターネットの巨人ですね。


『Googleのモーニングスターに対する警告』
google

livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ