成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2007年06月

AKI成長株ファンド月次報告(07年6月)

当ファンドの6月の運用成績は前月比+6.4%で、なんと!2ヶ月連続のプラスでした。TOPIX:+1.1%ですので、TOPIXを8ヶ月に上回る運用成績となっております。長かった・・・。

しかしながら、年初来成績は−25.2%と大きく下落した状態に変わりはありません。TOPIX:+5.6%であり、2007年はTOPIXを大きく下回るという厳しい運用成績が続いています。



【概 況】
当ファンドは新興株の組み入れが主となっていますが、新興市場に底打ち感が出てきたことから、ファンドの運用成績も下げ止まりを見せております。
組み入れ銘柄では月次が好調であったタビオが、業績の上方修正を発表したことから大きく上昇して、当ファンドのパフォーマンス向上に大きく貢献しました。
6月は市場に底打ち感があることから、複数の銘柄を購入しました。しかし、投資候補銘柄の中には希望価格まで下落していないものも多いことから、CPが20%超と高い状態にあることに変わりはありません。

なお、中国株投資分につきましては、前月比:+7.0% 年初比:+42.6%と好調に推移しております。
短期的に急騰しているため急落の可能性もあると考えますが、バリュエーション的にはまだバブルまでには至っていないと判断しており、保有継続の方針です。
売却の目安としては、H株ETF指数PER20倍超を基準と考えております。


【ポートフォリオ】
●日本株●
■現物分
・アセット・マネジャーズ 163,000(292,500×2)
・CHINTAI 68,700(71,250×2)
・タビオ 2,200(1,220×400)
・ソフマップ 325(370×200)
・エイジス 2,880(2,900×100)
・ヤギ 1,785(1,657×300)
・ジーエフシー 1,261(1,239×300)
・SHOEI 3,150(2,800×100)
・センチュリー21・ジャパン 610,000(570,000×1)
・フージャースコーポレーション 81,600(135,766×1)
・ビジネスブレイン太田昭和 689(710×200)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 44,150(208,000×1)


●中国株●
・ハンセンH株指数ETF 121.500香港ドル (48.128×200株)
・ワション・メーターズ 4.550香港ドル (1.328×6000株)

続きを読む

プラ転

ポートフォリオの含み損益がプラスに転換しました。

深度1000mの圧壊寸前から潜望鏡深度まで浮上してきた、という感じでしょうか。
※今日読んだ沈黙の艦隊の影響です(笑)


これはタビオのおかげですが、急激に上昇しているだけに急落が怖いです。
のんびり右肩上がりが良かったんですけど。

タビオのような成長株は売り時が難しいのが最大の欠点です。
株価=PER×EPSですが、EPSが成長し始めるとPERも上がってきます。
だからこそ大きなリターンを得ることができるんですが、どの辺りのPERで売りとするのか、判断が非常に難しい。


キャッシュポジションもまだある程度残っているので、欲しい銘柄に指値注文を入れているのですが、相場が堅調なこともありなかなか買えません。
ワークマンが4500円を切った時は、あと少し!と喜んだものですが、今の株価は5390円・・・。
下がって欲しかったなぁ。

タビオ業績予測

前回のエントリタビオの業績予想は想定(中)の内容と書きましたが、その中身を説明しておきます。


tabio-1q
表は過去3期のタビオの四半期業績の推移を現しています。
特徴的なことは、
・2Qは赤字になる。
・原価率は1Q&3Q、2Q&4Qで似た値になる。
・原価率は改善傾向にある。
・販管費は売上に応じて改善傾向にある。

といったあたりでしょうか。

今期の1Q及び2Q決算を予測する上では、
・1Qの販管費は前4Qより1.5億円マイナスになる。(ただし、前4Qは記念ボーナス1億円が支払われているので、−2.5億円で計算する。)
・2Qの販管費は1Q+0.5億円程度
・原価率は前期並
と想定して計算しています。

そうすると、中間の会社予想値に近い値が出てきます。
私はこの予測を想定の(中)だと考えていました。
ちなみに想定(上)は原価率が改善する、想定(下)は販管費増加、と考えていました。


ここは原価率の改善を期待してさらなる上方修正を!と言いたいところですが、IRからの回答によると原価率の改善は、
原価率改善の一番の原因は直営店が増えたから。
二番目の原因は商品のロット数の見直しを図ることによって、仕入れ価格を下げることが出来たため。

とのことなので、販売が好調だから原価率が下がったというわけではなさそうです。


らうさんのブログにタビオの月次推移がわかりやすく書かれています。

タビオは前期下期の月次が良いため、下期については月次が落ちてくる可能性は高いです。
らうさんの見解同様、私も8月から月次が落ちてくると予測しています。
というか、落ちてこなかったら化け物になってしまいます(笑)

ただ、会社の下期想定は既存店+9%くらいなので、これを上回っていれば問題はありません。

タビオはアパレル系の会社だけに、気候に左右されるところがあります。
寒い方がよく売れるわけでして、今冬が暖冬か冷え込むかで売上は変わってくるでしょう。

タビオ上方修正

タビオ(2668)が中間期及び通期決算の上方修正を発表しました。
まだ1Q決算も出ていないのに、上方修正をしてくるとは思いませんでした。


発表内容としては、中間分については想定(中)の内容でした。
詳細な分析は1Qが発表されないとわかりませんけど。


2Qは前年同期比+24%の売上で中間予想達成となります。
月次分析での目安になりそうです。


下期についても売上で+7.4%上方修正しているところを見ると、既存店売上がそのくらいは伸びると考えた予想なのでしょう。

ライブドア

ライブドアブログを書いていて、最近気付いたことが2つあります。


1つは楽天市場の商品を紹介するプラグインが付いたこと。
楽天と言えばライブドアのライバルだったはずですから、これは大きな驚きです。
ホリエモンの頃はヤフー&楽天に追いつけ追い越せ、だったんだと思いますが、今は現実的な路線を選択しているようですね。


もう1つはもしもドロップシッピングという宣伝がよく出ること。
リーディングカンパニーというふれこみです。

なんだこれ?と思ってみてみたら、どうやら物を売って儲けよう、というやつみたいです。
卸値に利益分を自分で決めて上乗せして販売する。
売れたら上乗せした利益が貰える、という仕組みみたいです。
ポイントは在庫を持つ必要がないところ。
アフィリエイトの変形版みたいなものなのかな。

商品を見てみたら、生茶480g缶48本入りが実質1,980円の卸値で設定されていました。
1本あたり40円ちょっとの値段です。
なかなか安いんじゃないでしょうか?

送料が全国一律525円かかりますが、複数個注文すれば送料の影響は少なくなりますし、飲み物は重たいので宅配で届けてくれたら便利です。

これって販売価格を卸値に設定して、自分で買ったら駄目なんでしょうかね???


ライブドアの戦略としては、業界No1の地位を築いているブログを有効に利用して、選択と集中で立て直していこうということなんでしょう。
業績を見るとまだまだ苦しそうですが、なんとか黒字転換はして欲しいなぁと思います。ブログのためにも・・・。

【売買ノート】 エイジス

圧倒的なブランド力とFCF獲得能力を評価して、エイジスを購入しました。

エイジスは棚卸しで全国シェア78%を誇る独占企業です。
・アウトソーシングの流れの中で、業界自体に成長力があること。
・外国での事業展開が可能であること。
・自社株買いに積極的であること。
などを評価して購入に踏み切りました。

ただし、棚卸し業は潜在的には無線ICタグの脅威にさらされているので、技術革新の動向には注意は必要です。



【売買ノート】
銘柄名 エイジス
株 数 100株
価 格 2,900円
購入日 19.6.25
理 由 圧倒的なブランド力とFCF獲得能力を評価して。
損切り 月次が伸び悩んだ時
利食い 理論株価を越えた時(現在は4800円程度)

続きを読む

「働きやすい職場ですか?」

昨日はフージャースの株主総会でした。

行こうかどうか迷ってはいたのですが、車の車検や保険、友達の結婚式など用入りな時期だったので、参加は見送ってしまいました。

フージャースは【強者どもが夢のあと】だけに、交流のある人が株主総会に多数参加していたようで、行っておくべきだったかなぁ、と少々後悔しています。


さて、今回ご紹介するのは理系リーマンさんの結婚式場はT&G直営店です。

T&Gの結婚式に参加されたようです。
詳しくはブログの方を読んでいただくとして、私の目に留まったのは次の1文です。


帰り際、結婚式場の従業員に、「働きやすい職場ですか?」とさりげなく聞いてみたのですが、その従業員は、はっきりと「やりがいはありますよ」と答えていました。


この返答はT&Gをよく現していると思うんです。

長時間に渡る労働や数字を求められる仕事
決して働きやすい職場ではないのでしょう。

しかしながら、結婚式という人生で最良である1日を演出するという仕事は、これらの労働環境を補って余りあるものがあるんでしょうね。
野尻社長は人を大事にするし、人の使い方も上手い社長さんだと思うので、頑張ろう!と思わせる職場環境を構築できている、というものあるんだと思います。


T&Gは今期より失速してしまいますが、失速することによって「働きやすい職場ですか?」の答えが「働きやすい職場ですよ。」となってくれれば、ホルダーとしてはそれはそれで満足です。


【働きやすくてやりがいもある。】
社員に愛される会社であれば、きっと長期に渡って成長してくれると。

中国株はよく上がる

中国株がよく上がっていますね。


■中国株
・ハンセンH株指数ETF 123.600香港ドル (48.128×200株)
・ワション・メーターズ 4.800香港ドル (1.328×6000株)

元本:25万円
現資産:86.6万円
投資期間:05.4より


前回の記録が5月11日時点で70.6万円だったので、1ヶ月ちょっとで20%上がっています。
しかし、キャピタル・パートナーズ証券の株価指数一覧を見ると、H株指数のPERは19.74倍なので、適正水準といったところなんでしょうか?

PER25倍くらいなら迷わず売却をするのですが、微妙な株価水準ではあります。

今年は日本株でいっぱい損をしているので、中国株を売却しても無税になります。
このメリット?を生かさない手はないですね(笑)


中国株を売却した場合は、割安なものに投資をするということになるのでしょうが、候補としては日本新興株、ヨーロッパ株、ブラジル株、ロシア株あたりが候補になるのかな、と思います。

楽天証券で買えるロイズTSBグループなんて、配当利回りが8%を越えているようなんですが、なんでなんでしょうね???

金融商品の罠

少し時期を失してしまいましたが、週刊ダイヤモンド6/16号金融商品の罠について書いてみます。


日本で販売されている投資商品は高コストであり、また運用会社や販売会社(販売員)は、消費者の利益よりも自身の利益を追求する傾向になる、と言った内容でナットクナットクなんですが、1つだけ気になる箇所がありました。

P67〜P68の
丸ごとおまかせすることになる「ターゲットイヤー」の無意味
という特集です。

この記事は最近、郵便局が販売を開始した野村資産設計ファンドや、マネックス証券のマネックス資産設計ファンドを対象に書かれたものです。
内容を要約すると、
・最適なアセットアロケーションは個々人のよって違う。
・アセットアロケーションは自身で考えるものである。

というものです。


個人的にはこの意見には賛成しかねるところがあります。
実際問題、投資する人は増えてきているんだと思いますが、じゃあ真剣に考えている人がどのくらいいるかというと、そんなには多くないでしょう。
ホームページやブログで投資について書いている人は、「投資=趣味」の人なわけで、一般の人とは違う人種です。

職場でマネックス資産設計ファンドを買い始めた後輩がいるんですが、難しいことはよく分かんないし考えたくもないけど、将来が不安なので投資をして資産を増やしたい、というタイプの人です。
若い人は給料も高くはないですし貯蓄も多くありません。少額の積立が資産形成のスタートなわけでして、こういう人にはバランス型の投信は良い選択肢だと思います。


バランス型ファンドがベストでないことは確かですが、仕事や遊びが大事な人が世の中にはほとんどですから、ほったらかしで資産運用が可能なバランス型ファンドも必要な存在ではないでしょうか?
世の中の全ての人がベストな資産運用を臨んでいるわけではない、ということは理解しておく必要があると思います。

続きを読む

6/22ポートフォリオ概況

■現物分
・アセット・マネジャーズ 161,000(292,500×2)
・CHINTAI 72,500(72,100×1)
・タビオ 1,781(1,220×400)
・ソフマップ 313(370×200)
・ヤギ 1,797(1,657×300)
・ジーエフシー 1,280(1,239×300)
・SHOEI 3,230(2,800×100)
・センチュリー21・ジャパン 600,000(570,000×1)
・フージャースコーポレーション 82,400(135,766×1)
・ビジネスブレイン太田昭和 694(710×200)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 45,550(208,000×1)


今週はCHINTAIをほんの少しですけど新規に購入しました。
他にも買い注文を出している銘柄はあるのですが、株価は下がるどころか上がっているので全然約定しません。


イー・トレード証券で海外ETFの取り扱いが始まりました。

前に目を付けていたブラジル株インデックスブラジル石油公社(ペトロブラス)は、結構上昇しているのでなんだか悔しいです。
両方ともPERは11倍くらいなので、まだ買えるかなという気もします。

欲しい日本株の株価が下がらないだけに、ブラジル株へ投資をしてみるか悩みます。
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ