成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2006年10月

プロネクサス と だいこう証券ビジネス

株価は4月をピークに軟調な展開が続いています。

プロネクサス(旧亜細亜証券印刷):上方修正
だいこう証券ビジネス:下方修正
は株価の動向を端的に現しているなぁと感じました。


プロネクサスは公開企業のディスクロージャー・IR支援大手で、上方修正は株主総会招集通知や有価証券報告書の好調さが要因です。期末が集中する3月は株価好調でしたから、株主数が増えていたのでしょう。

一方のだいこう証券ビジネスは証券バックオフィス事務代行の最大手で、下方修正は4月以降の株式市況の低迷により市場執行やネット証券の口座開設などの業務が伸び悩んだことが原因です。


両社とも株式投資を裏で支える企業ですが、業績を反映する時期が違うために、このような差が生まれたのでしょう。
プロネクサスの業績は3月時点の相場状況に大きく左右されるのではないか、という疑念が湧いてきます。つまり、今期が好調だからと言って、来期も安定的に成長するとは限らないのではないかと思うのです。

続きを読む

10/17ポートフォリオ概況

■現物分
・アセット・マネジャーズ 301,000(292,500×2)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 134,000(76,600×5)
・極東証券 1,258(1,640×100)
・アーバンコーポレイション 1,677(1,232×500)
・パシフィックマネジメント 333,000(153,333×3)
・フージャースコーポレーション 168,000(135,766×33)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 119,000(208,000×1)
・極東証券 1,258(2,150×800)
・シーズクリエイト 70,500(79,300×5)


今日の持ち株全てが上昇と好調でした。

しかし、一方で私の体調は最悪です・・・。
風邪が治りません(涙)
特に咳がひどく、咳のせいで頭痛まで。。。

EMシステムズやワイズマンが属する医療情報システム業界の同業他社比較をやってみたいんですが、体調がどうにもならないので治ってからにします。

楽天証券

今日は楽天証券に口座開設を申し込みました。

口座開設の理由としては、
1.外国株ETFを取り扱っていること。
2.SGターゲットジャパンがノーロードで購入できること。
3.楽天スーパーポイントが貰えること。
4.口座を開設すると3000P貰える。

の3つです。


外国株ETFについては、
米国:S&P500、ナスダック100
中国:香港ハンセン指数、香港H株指数

の4種の取り扱いがあります。

インデックス型の投資信託でも1%程度の手数料を取られてしまうことを考えると、外国株ETFは魅力的だと思います。

今後はヨーロッパやブラジル、ベトナムといったたくさんの国のETFを取り扱ってくれると嬉しいです。


SGターゲットジャパンはイートレード証券だと購入手数料を3%も取られてしまいます。これはなんとも勿体ない話なので、楽天証券の口座を開設しておく価値はあるなと思いました。


ポイントについては、現在利用中のイートレードでもヤフーのポイントは貰えるのですが、最低交換数が1000Pと敷居が高いことが難点です。
取引の少ない私は1000Pなんてまず貯まることはありません。
その点、楽天証券は100Pからポイント交換が可能なので、その点は嬉しいです。
もっとも、手数料はもともとイートレの方がだいぶん安いんですけどね(笑)


あと、口座を開設すると楽天スーパーポイントを3000P貰えます。
ポイントマニアの私としては、正直なところポイント欲しい!というのが一番の理由かも(笑)


楽天証券はマーケットスピードが優秀だと聞いたことがありますが、まあ、私には無用の長物だと思われます。

パチンコ関連

北朝鮮の核実験により、パチンコ関連銘柄が下落しているようです。

規制強化云々言われていますが、北朝鮮の外貨獲得手段は主に中国と韓国との貿易に大きく依存しているが実状で、日本は8%程度と非常に影響力は限定的です。
韓国なんて最も激しく攻撃されるであろう国なのに、未だに太陽政策を進めようとしていて、開いた口が塞がりません。
日本のパチンコ業界からの送金があるとしても、外貨獲得に占める割合は微々たるものではないかと想像します。

日本人はパチンコ好きなので、北朝鮮云々といってもみんなパチンコには行くでしょうから、バリュー投資家としては結構買い場なのかな?なんて考えます。


と言っても、私はパチンコを全くしないので、どの会社が調子がいいのか、なんて全然わかりません。
業績は順調なのに株価は暴落中、なんていう銘柄はあるんでしょうかね!?

パチンコ・パチスロ愛好家の方は、ぜひこっそりコメントを頂ければ嬉しいです(笑)

そう言えば、okenzumoさんは強固な情報ネットワークを持っていたような。。。

okenzumoさんのブログ

okenzumoさんがフージャースについて久々にブログで書かれています。


今期販売状況確認を見ると、
豊四季はホームページから掲載が取り消されていましたが、一棟売りになったようです。
販売中の物件は半分以上は販売されており、概ね問題ないなと思いましたが、ミックスガーデンつくばの売れ行きは気がかりです。


また、中長期経営戦略の話もあります。

中長期戦略の話は全国賃貸住宅新聞に社長談話として掲載されています。

【要点】
・今後は複合施設の開発に注力
・今年10月には社内に専門チームを設ける
・賃貸住宅市場への参入も視野に

と言ったところです。

方向性としては、
マンションデベロッパーから不動産デベロッパーへ
という成長を模索しているようです。

6月の株主総会の時は、賃貸住宅への参入はしない、と役員の方からお聞きしたんですが、社長は選択肢の1つとして考えているようです。
日本人の住宅に対する考え方は徐々に変わってきているので、賃貸住宅も手がけておくことは悪いことではないと思います。

10/13ポートフォリオ概況

■現物分
・アセット・マネジャーズ 285,000(292,500×2)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 117,000(76,600×5)
・極東証券 1,196(1,640×100)
・アーバンコーポレイション 1,588(1,232×500)
・パシフィックマネジメント 309,000(153,333×3)
・フージャースコーポレーション 153,000(135,766×33)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 116,000(208,000×1)
・極東証券 1,196(2,150×800)
・シーズクリエイト 68,400(79,300×5)


風邪で寝込んでおり、更新が途絶え気味になっています。
仕事が忙しく休めないのはしんどいですね。
この土日も仕事です・・・。


フージャースのIRによると3年後の物件である「さいたま岩槻 複合開発プロジェクト(仮称)」は戸数600戸の超大型プロジェクトであるようです。

こういう物件を手がけられるようになったことは、それだけ会社が大きくなったということです。古くからの株主の方は感慨深いものがあるのではないでしょうか。


思考が途切れ気味なのでもう寝ます。
おやすみなさい。

食品スーパー比較

食品スーパーについての同業比較です。


1.経常利益率
shokuhin-1
経常利益率は1位:オオゼキ、2位:大黒天物産、3位:マックス東海という順位です。
オオゼキはバリュー投資家の間でも有名な銘柄ですが、利益率の高さは抜きんでている印象です。2位の大黒天物産は以前投資していた銘柄です。


2.ROA
shokuhin-2
ROAは1位:大黒天物産、2位:マックス東海、3位:オオゼキとここでも優秀な銘柄です。4位に神戸物産が食い込んでいます。




3.ROIC
shokuhin-3
ROICは1位の神戸物産がずば抜けて高い数値を示しています。これほど高い数字の会社は全銘柄でもそうはないでしょう。以下、大黒天物産、オオゼキと続きます。



4.ROD
shokuhin-4
神戸物産とマックス東海は無借金経営です。オオゼキと大黒天物産は有利子負債を多く抱えていますね。





5.アクルーアル
shokuhin-5
アクルーアルについては、全般的にマイナスの数値が並んでいます。食品スーパーは現金商売ですから、利益の質はどこも良いのでしょう。




以上、5つの指標を見た限りでは、
大黒天物産、オオゼキ、神戸物産、マックス東海
の4社が優れた銘柄であると言えそうです。神戸物産は経常利益率が低い割にROA、ROICは非常に高い銘柄で、初めて見たタイプの会社でした。

続きを読む

アセット・マネジャーズ19.2期中間決算

アセット・マネジャーズ19.2期中間決算を発表しました。

売上高  22783
経常利益 13497
当期利益  8051

合わせて通期の上方修正も発表されているのですが、

売上高  30100→32000
経常利益 15000→15000
当期利益  8500→ 8500

となっており、中間期の時点で経常利益は約90%、当期利益は94.7%の達成率となっています。この達成率であれば、下期は何もしなくてもマネジメントフィーだけで達成できそうです。
上方修正をしないところを見ると、物件の売り渋りを考えているのかもしれません。


少し気になったのがホスピタリティ&ウエルネス事業が赤字に転落していること。
経営成績には順調に推移したと書いているのですが、赤字で順調とはどうなんでしょう???
ここは企業を再生させるのが仕事ですから、自身の現業部分についてはしっかりして欲しいところです。

個人的にはボウリング事業にはもっと力を入れてもいいんじゃないかと思うんですけどね。ラウンドワンを見ればわかるように、ボウリングは儲かる商売だと思います。ラウンドワンに一人勝ちをさせてあげる必要はないんじゃないかと。

フージャース−9月営業概況

フージャースの9月営業概況が発表されました。


■販売状況
07.3期計画戸数:1714戸
契約戸数:7月−855戸、8月−922戸、9月−1,033戸
進捗率:60.3%
08.3期計画戸数:2000戸
契約戸数:7月−157戸、8月−181戸、9月−229戸
進捗率:11.5%

姉歯問題以降の契約戸数は、
12月:32戸→1月:57戸→2月:82戸→3月:113戸→4月:168戸→5月:98戸→6月:130戸→7月:102戸→8月:92戸→9月:159戸
となっています。


■用地仕入れ状況
08.3期計画戸数:約2000戸
仕入れ済み戸数:2月−約2000戸
進捗率:100.0%
09.3期計画戸数:約2300戸
仕入れ済み戸数:7月−830戸、8月−830戸、9月−852戸
進捗率:37.0%

9月は「府中プロジェクト」及び「さいたま岩槻 複合開発プロジェクト」の用地仕入れがありました。共に10.3期物件のようで、09.3期分は増加はほとんどありません。


続きを読む

北朝鮮の核実験

北朝鮮が核実験をしちゃいましたね。


日本市場は休みだったので今日が影響ありませんでしたが、アジア各国の株価は下落したようです。しかし、ある程度予測できたことだったので、下値は限定的だったのが救いです。

為替も円安に動きますから、輸入企業には厳しくなりそうです。反対に輸出企業はウハウハでしょうか。
ナカニシ、売ってしまったのが悔やまれます・・・。


今後の国際社会がどう動くかも気になります。

北朝鮮攻撃!なんてことになれば、日本は深刻なダメージを受けるのでしょう・・・。
技術的に核兵器はまだミサイルに搭載はできなさそうですが、通常ミサイルでもダメージは受けますし、生物・化学兵器という手もあります。
日本や韓国はこのシナリオは嫌でしょうから、結局、経済制裁くらいに落ち着くのかな、と思います。

北朝鮮を攻撃するのであれば今しかないのかな、とは思います。
ミサイルや核兵器の能力が上がって、実戦で使用できるレベルになったら、もう誰も手出しできなくなるでしょうから。


完璧に経済制裁を行うことができれば武力攻撃は必要ないと思います。
そのうち疲弊しきった北朝鮮の国民が立ち上がって、大規模な反乱が起こると思います。住民反乱による滅亡は代表的な国家滅亡のパターンです。

ただ、中国やロシアは信用できませんからねぇ。。。
表向きは経済制裁をするふりをしても、裏で何をするのかわかったものではありません。
livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
・日本の億万投資家名鑑 必勝編
・俺の株式投資術
・MONOQLO the MONEY 2018年12月号
・日経マネー2019年1月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%
2018年 -9.2%
2019年 +15.4%

2009〜2019年 +1441.3%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン