成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2006年06月

駐車場誘導係

土日は駐車場の誘導員をしていました。
暑いし立ちっぱなしだし疲れました。
駐車違反の取締員なら面白そうなんですけど(笑)

明日は休みなので、のんびり過ごすことにします。

あと、10万円ファンドの仕込みを明日します。
先日予告した、
日本株:SGターゲット・ジャパン・ファンド
外国株:HSBC BRICsオープン

の2つです。

ここまで下がったらもう買ってもいいですよね。
誰か良いって言って(笑)


眠いのでもう寝ます。
手抜きのブログですいませんでした。


PS
考えさせられるブログ?があったので紹介しておきます。
今日リターンが得られる投資……そして明日も

金持ち父さんはこう言っていた。
「キャッシュフローを得るための投資は、返金保証つきの投資だ。キャピタルゲイン狙いの投資は、希望への投資だ。希望は最大の盗人だ」

貯蓄から投資へ?

個人資産について、興味深いデータを見つけたので紹介します。
(出所:日本銀行「資金循環勘定」より野村証券情報部作成)

kojinnsisannsuii







上図は個人(家計)金融資産の残高推移のグラフです。
昨年末時点の我が国の個人(家計)金融資産の合計残高は1508兆円で、1人当たりの金額にして約1200万円になります。

構成を見ると「現金・預金」が半分強を占めている ことがわかります。残りでは「保険・年金準備金」がその半分ほどで、次に「株式・出資金」、「投資信託」、「債券と続きます。

グラフの変遷を見ると、現金・預金の構成比率は過去40年間大きな変動をせずに50〜60%を占めてきました。
他の先進国と比較してみると、アメリカ:10〜20%、イギリス:20〜30%、ドイツ:30〜40%ですから、日本人が安定志向と言われる所以となっています。

残高を伸ばした昨年末の金融資産の変化を確認すると、現預金の割合は前年末の54.9%から51.9%に低下しています。一方で、株式、投資信託、債券の合計が占める割合は、9.4%から12.9%に拡大しました。


これを見ると、「貯蓄から投資へ」という流れが感じられます。
しかし、実際のところはそうではないというデータがあるのです。

続きを読む

AKIアセット・アロケーション・ファンド組成開始

報告が遅れましたが、AKIアセット・アロケーション・ファンドの組成を月曜から開始しました。

組成時期としては良い時期に始めることが出来ていると思います。


投資元本10万円に対し、
トヨタ・バンガード海外株式 1万円
朝日Nvestグローバル 1万円
の2投資信託に投資しました。
共に海外株のファンドです。

現在の投資成績は
トヨタ・バンガード海外株式 9,967円
朝日Nvestグローバル  9,981円
の合計19,948円。損益は-52円となっています。


今後の組み入れ投資信託としては、
日本株:SGターゲット・ジャパン・ファンド
外国株:HSBC BRICsオープン
を考えています。
両方ともだいぶん下がってきているので買い時でしょう。

日本株:外国株:その他=3:3:4
のアセットアロケーションをイメージしてます。

6/8ポートフォリオ概況

■現物分
・アセット・マネジャーズ 243,000(292,500×2)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 110,000(76,600×5)
・極東証券 1,268(1,640×100)
・アーバンコーポレイション 1,298(1,232×500)
・パシフィックマネジメント 209,000(153,333×3)
・フージャースコーポレーション 501,000(407,000×11)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 121,000(208,000×1)
・極東証券 1,268(2,150×800)
・共同ピーアール 3,010(3,010×100)


株の方はイケイケドンドンで下がり続けています。
このままだと14,000円も割ってしまいそうな勢い。
今が買い時なんですが、余力がないのでもう無理です。

アマゾンでいろいろな本を購入したので、読書でもして過ごすことにします。

明日からワールドカップがあるので、そっちの方に熱中するかもしれません。
いい時期にワールドカップがあって良かった(笑)

投資の情報源

ここ数日、共同PRネタが続いていますが、この銘柄を何で見つけたのかというと、実はパクリ投資なんです(笑)

保有銘柄のパクリ率は100%が私の自慢です・・・。

■DAIBOUCHOU銘柄
・アセット・マネジャーズ
・ダヴィンチ・アドバイザーズ
・アーバンコーポレイション
・パシフィックマネジメント

■okenzumo銘柄
・フージャースコーポレーション
・シーズクリエイト

■plets銘柄
・極東証券

■ダイヤモンドZAI銘柄
・テイクアンドギヴ・ニーズ

■獅子太郎銘柄
・共同ピーアール


共同ピーアールは、私も協賛サイトとして参加している
株初心者からのバリュー銘柄スクリーニング研究会

の掲示板で教えて頂きました。

(紹介文)
共同ピーアール(株) (JASDAQ:2436)

PER:16.9倍 PBR:2.83倍 ROE:15.45% ROA:10.93% 配当利回り:1.93% 株主資本比率:65.3%

PERではさほど割安感は無いですが、実質無借金でキャッシュが豊富、株主資本比率も高い銘柄です。
近頃の企業が起こす不祥事に対する対策、ライブドア事件以降にイメージが悪くなりましたがM&Aの傾向は拡大する事に間違いないはず、来年からは海外企業による株式交換のM&Aが可能になることを含めて企業の株価を上げるアピールはより重要性が高くなる…と見ているので独立系で大手のこの銘柄は成長性としても良い分野だと考えています。

業績面では12月決算の銘柄で1Qの時点で四季報の中間(2Q)の当期純利益を達成している為、上方修正も可能性はかなり高いのではないかと考えているものです。
上場後、株価は良い所無しでチャートは底値圏で揉み合っていますが、ここの所の激しい下げ相場でもほとんど下げないので下値不安は少ないと思っています。
できればもっと自社のアピールをして投資家などに会社を売り込んでほしいなぁと言う感じです。


この紹介文を読んで、面白そうだなと感じて分析をスタートしました。
もともと獅子太郎さんというバリュー投資家の方が分析している銘柄ですから、全くの外れの可能性は低い。銘柄分析って時間もかかるし面倒ですが、既にスクリーニングしてくれているんだから、分析してみる価値はあるんじゃないかと。


何も考えないパクリは絶対にしてはいけませんが、自分できちんと確認してからパクる分には、時間の節約にもなるし分析者2人のスクリーニングを通過するわけですから、一石二鳥の投資法だと思います。

続きを読む

こなつさんの共同PR分析

こんばんニャ。個猫投資家の「くろ」ニャン。
飼い主のAKIに代わって、今日はブログを書くだニャ〜。


分析を依頼していた愛犬こなつさんから共同PRの分析レポートが出ました。

AKIと違ってわかりやすいレポートだニャン。

PR業界がどのようなものかよくわかります。
要するに「おもいっきりTV」に売り込む仕事をしているというわけですね(笑)


・古くはニューディール政策の国民告知なんかに使われた手法
・共同PRは政治宗教の仕事は受けない。
・2Qの特損は予定していないそうです。

など、新しい知識も得ることができました。


割安度では、もう一押しすれば買いだと言うことです。

が、その為には株価は下がらなければなりません。
AKIは損切りラインを2800円に設定しているので、それを割り込んだら損切りになります。

損切り→株で損をする→お金がなくなる&機嫌が悪くなる→ご飯をくれなくなる。

という、とんでもないとばっちりをくろは受けてしまうので、下がらないでいて欲しいニャぁ・・・。

追記続きを読む

フージャース−5月営業概況

フージャースの5月営業概況が発表されました。

■販売状況
07.3期計画戸数:1723戸
契約戸数:3月−518戸、4月−637戸、5月−718戸
進捗率:41.6%
08.3期計画戸数:2000戸
契約戸数:4月−49戸、5月−64戸
進捗率:3.2%

姉歯問題以降の契約戸数は、
12月:32戸→1月:57戸→2月:82戸→3月:113戸→4月:168戸→5月:98戸
となっています。
5月は思ったより伸びていません。ちょっと気になります。


■用地仕入れ状況
08.3期計画戸数:約2000戸
仕入れ済み戸数:2月−約2000戸
進捗率:100.0%
09.3期計画戸数:約2300戸
仕入れ済み戸数:4月−640戸、5月−830戸
進捗率:36.0%

3プロジェクトの用地を取得した模様です。

続きを読む

共同PR−売買ノート

サラリーマンしながら株で月収4000万円稼ぐ会社四季報で儲ける売買法で、投資理由損切りを明確にしておくためには、売買ノートが効果的と書いてありました。
もっともだと思うので今回の共同PRから始めることにします。


銘柄名 共同PR
株数  100株
購入日 18.6.5
理 由 中間期での上方修正が期待できそう。
損切り BOX相場の下限2800円を下回ったら。
利食い 上昇修正後(笑)のPER20倍あたり。

共同ピーアール購入

昨日予告しておいた購入銘柄は
2436 共同ピーアール
という銘柄でした。

寄りで100株購入。


この会社は、企業パブリシティ活動の支援・コンサルティングを行っている会社です。これだけだと何をやっているのかさっぱり分かりませんね(笑)
・ニュースリリースの作成・発信
・記者発表会
・取材誘致
・危機管理広報

など、マスコミを対象にした広報活動を行う会社です。
一般的なPRのイメージとはちょっと違います。

アメリカでは広告市場の1.7%程度のシェアがありますが、日本ではわずか0.5%。日本でも企業のマスコミ対応能力、危機管理能力の向上が叫ばれていますから、市場の拡大が期待できる分野です。


業界の動向としては、共同PRは大手3社の一角を占めます。
残りの2社は電通の子会社である電通PR、最近、上場を果たしたプラップジャパンです。プラップジャパンはイギリスの大手企業の子会社ですから、独立系としては共同PRが最大手となります。
この3社の規模としては、
売上:電通PR>共同PR>プラップジャパン
経常利益:プラップジャパン>共同PR>電通PR
という状態です。
電通PRは未上場なのでよくは分かりませんが、似たような規模で3社は競い合っているのではないでしょうか。
大手3社で市場の40%程度を占めていると思われます。

この業界は広告業界同様、人との繋がりが勝負になってきますから、人脈を持つ大手がより強くなっていく業界なのではないかと思います。

続きを読む

明日買います。

Fantasistaさんのサラリーマンしながら株で月収4000万円稼ぐ会社四季報で儲ける売買法を読み始めました。

テクニカルとファンダメンタルを高度に融合させています。
う〜ん。見事としか言いようがない。
やはり億単位で儲ける人は違いますね。


Fantasistaさんに刺激を受けたので、そういう投資をしてみようと思い立ったのですが、ちょうど面白そうな会社を見つけたので、明日打診買いをしてみます。

今日見つけた銘柄なので分析は不十分ですが、調べているうちに上がってしまったら悔しいので(笑)


JASDAQ上場の時価総額40億円くらいの銘柄です。
なかなかの成長業界に属しているんじゃないかと思います。
成長株で億万長者ですから、成長性は外せません(笑)
チャート的にはBOX相場に入っているので、下落リスクは低いかなと。
配当利回りは前期実績ベースで1.6%とそこそこ高利回り。
ヤフー掲示板の投稿数もそれほど多くなく、まだ個人投資家にはそれほど知られていない銘柄なのかな、と。
今期予想PERは17倍程度ですが、業績が順調に推移すれば上方修正が期待できそうです。


短中期投資になるので、損切りは徹底したいと思います。
livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
・日本の億万投資家名鑑 必勝編
・俺の株式投資術
・MONOQLO the MONEY 2018年12月号
・日経マネー2019年1月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン