成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2006年03月

3/22ポートフォリオ概況

■現物分
・アセット・マネジャーズ 302,000(292,500×2)
・大黒天物産 2,950(2,000×200)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 156,000(76,600×5)
・ナカニシ 12,260(13,000×50)
・極東証券 2,015(1,640×100)
・アーバンコーポレイション 1,889(1,232×500)
・パシフィックマネジメント 302,000(153,333×3)
・フージャースコーポレーション 488,000(340,000×6)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 169,000(208,000×1)
・マニー 8,060(6,900×100)
・極東証券 2,015(2,150×800)


保有株は一進一退の展開が続いています。


ヘッジファンドの勉強を始めるとエマージングという言葉をよく目にします。
エマージングと言うとBRIC’sを想像しますが、
HSBCがブラジルファンドを設定するようです。
HSBC ブラジル オープン

保有銘柄である極東証券も販売会社に名を連ねます。
ネット証券だとマネックスやコスモが扱っているようです。

HSBCはこれまで中国、インドのファンドを組成して人気を催していますが、
今回はその第3弾という位置づけのファンドになります。

中国は日本でも中国株の購入が気軽にできるので、ファンドで買うならインドかブラジルになります。
個人的にはインドよりブラジルの方に興味があります。
インドは宗教問題があるのでちょっと気になるんですよね。

配当再投資−下落相場のプロテクター、上昇相場のアクセル

昨日のブログ、成長の罠で配当の重要性について書きましたが、今日は配当再投資の株式投資における効果について書こうと思います。


アメリカの大恐慌時代、大恐慌が始まった時(1929年)の株価水準が回復したのは1954年でした。株価の回復に25年もかかったのです。
日本のバブル崩壊の回復はいつなんでしょうね?
日経平均最高値は1989年なので25年後と言えば2014年。
今回の上昇相場は2014年まで続くんでしょうか・・・。

株価回復に25年もかかった大恐慌時代ですが、投資家からすると実は儲かっていたんです。
29年に市場平均に1000ドル投資していれば、4440ドルと4倍以上に増えています。

何故か?
これが配当の力なんです。
大恐慌と言われるくらいの不景気ですから、企業の業績は当然悪化しました。
配当は最大で55%減少しています。
しかし、それ以上に株価が下落していたので、配当利回りは上昇していたのでした。

配当をコツコツ再投資することにより、株価ほどに保有銘柄分の時価総額は減少していなかったのです。
配当は下落相場のプロテクターとして機能します。


また、配当再投資は上昇相場では大きな恩恵を受けられます。
大恐慌時代の配当再投資による買い増しで、保有株数は4.4倍になっていました。
これが上昇相場では大きく利いてきます。
株価上昇に伴って、加速度的に資産は増えていきます。
言うなれば、4.4倍のレバレッジがかかったようなものです。

配当再投資は上昇相場のアクセルとなります。

続きを読む

成長の罠

時は1950年。
時代は高度成長のただ中。

あなたは今1000ドルを持っています。

質問です。
あなたはIBMとエクソン・モービル、どちらに投資しますか?

これだけでは選べない?
もっともな話です。
それではとっておきの情報を提供致しましょう。
なんと!未来の主要指標の成長率です。

1950年から2003年の年率成長の比較表。
         IBM  エクソン
1株当たり売上高 12.19%   8.04%
1株当たり配当   9.19%   7.11%
1株当たり利益  10.94%   7.47%
セクター成長率※ 14.66%  -14.22%

※ハイテクセクター及びエネルギーセクターの市場変動率


どちらの銘柄に投資しますか?


続きを読む

株データブック vs 四季報 − フージャース編

会社四季報の代わりに株データブックを買いましたが、この2冊って業績の予想がどう違うのか興味が出てきたので、保有銘柄について比較してみることにします。


第1回目は主力のフージャース



会社予想 売上 経常利益 当期利益 1株利益 
06年度 31000  5000   2900  26,678

四季報  売上 経常利益 当期利益 1株利益 
06年度 31000  5000   2900  26,678
07年度 40000  6000   3500  32,197

株データ 売上 経常利益 当期利益 1株利益
06年度 31000  5500   3000  27,598
07年度 40000  6200   3700  34,037


四季報は会社予想どおりです。
株データブックは独自の予想をしており、四季報よりも数字が若干良くなっています。

まあ、個人的にはさらに上の予想を持っていますが(笑)


四季報の今期予想経常利益率は16.1%です。
単純に来期の売上予想に掛けただけでも、
40000×16.1%=6,440
という数字が出てきます。
株データブックだと17.7%なので、
40000×17.7%=7,080
というびっくり数字が出てきます。

続きを読む

残り9戸

フージャース株主友の会(一般用)さんの情報によると、


フージャースの完成在庫は残り9戸だそうです。


3月は17日(金)までに10戸を販売。


完成在庫0は諦めていたんですが、わずかながら希望の光が見えてきました。


チラシ配布領域を広げたり、3月成約の人には10万円の商品券をプレゼントしたりと、完売に向けてフージャースも必死のようです。


今期業績のメドはたったので、これからは来期に目を向けるべきでしょう。


中国株の運用成績

2005年の4月から中国株への投資を始めていますが、今まで一度も運用成績を掲載したことがありませんでした。

中国株への投資は情熱も大してないですし、投資元本も25万円と少ないので、全体への影響は軽微なのですが、一度掲載しておこうと思います。


■投資銘柄(3/18現在)
・ハンセンH株指数ETF 63.900香港ドル (48.128×200株)
・ワション・メーターズ 2.300香港ドル (1.328×6000株)

本日現在評価額:402,963円


chugoku-itirannhyou3/18



chugoku-gurafu3/18



35才、サラリーマン夫婦が5000万円の資産をつくる法

35才、サラリーマン夫婦が5000万円の資産をつくる法
著者:山本 耕平
出版社:アスカエフプロダクツ/価格:¥1,470
オススメ度:★(最高は★★★)



海外のヘッジファンドに投資して成功した個人投資家山本さんの著書です。


前半では夫婦で資産を築くための家計管理の方法について書かれています。
山本さんは新婚後の3年半で、2000万円もの貯金に成功しています。
共働きで双方共にある程度の収入があったからこそ可能なものですが、その決意と努力は素晴らしいものがあります。

結婚後に貯金するにはお互いの意識疎通と協力がなければ不可能です。
2人で話し合って個人ではなく夫婦の財産としての資産運用を考える。
2人ですることが夫婦円満につながると書かれています。
夫婦関係にお悩みの人にはオススメの本かもしれません。


後半部分では海外ヘッジファンドを利用した資産運用が書かれています。
貯めた2000万円を元手に、ミドルリスクハイリターンを狙った投資法です。

ファンドの選定方法は、S&Pで5つ星の格付けを得ている運用期間10年以上のファンドを選んでいます。
5つ星の格付けを得ているファンドは、値動きの上下振れ幅も少なく、コンスタントに約20%の運用成績を維持しているものが多いそうです。

具体例としてはマン・インベストメント社ヘッジファンドが出てきます。
紹介されているファンドは元本確保で年率10%の運用成績を誇ります。

海外ファンド投資の弱点は、投資を始めるまでの敷居の高さですが、最近は仲介業者などもあるので、それを利用するのも1つの手かもしれません。
しかし、著者は大変でも自力で購入することを奨めています。
努力することによる知識の増加を実体験として知っているからでしょう。

なお、日本株への株式投資の話も出てきますが、内容は大したものではないので紹介は割愛します。「予感」を大切にするそうです・・・。


本書だけで海外ファンドへ投資をすることは難しいですが、海外ファンドに興味を持っている人には最初の1冊として、面白い内容になっていると思います。
資産を作るための家計管理法がかかれているので、そこいら辺にある現実感いっぱいの節約本とは違い夢のある内容でもあります。

海外ファンドについてより勉強してみたい!と思うことのできた1冊です。

3/17ポートフォリオ概況

■現物分
・アセット・マネジャーズ 306,000(292,500×2)
・大黒天物産 2,970(2,000×200)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 161,000(76,600×5)
・ナカニシ 12,400(13,000×50)
・極東証券 1,970(1,640×100)
・アーバンコーポレイション 1,875(1,232×500)
・パシフィックマネジメント 307,000(153,333×3)
・フージャースコーポレーション 477,000(340,000×6)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 169,000(208,000×1)
・マニー 8,100(6,900×100)
・極東証券 1,970(2,150×800)


保有銘柄は上がったり下がったり毎日忙しく動き回っています。
私の方は反対に風邪気味で動けなくなりつつあります・・・。

今日は仕事帰りに四季報を買いに行った・・・
つもりでしたが、結局株データブックの方を買ってしまいました(汗)

四季報はイートレで見ることができるので、パッと見の良い株データブックの方をついつい選んでしまいます。
週末は本でも読みながらのんびり過ごすことにします。

ナカニシの株主総会

保有銘柄であるナカニシから株主総会の案内が届きました。


■3月28日(火) 午後3:30
 個人投資家が出席参加するのは難しい時間帯です。
 もっとも、最初から参加する気はありませんが・・・。

■栃木県鹿沼市・・・ 
 またマイナーなところで・・・。
 (地元の方、申し訳ありません。私は超ど田舎住まいなのでご容赦を。)

■当社 厚生ホール
 って自分の本社でするわけね・・・。
 そりゃまあお金もかからないし移動もないので会社は楽でしょう。


やっぱりナカニシはIRにやる気が感じられません。。。

有利子負債はほとんど0ですし、現金は61億円保有。
株主資本比率も86%と、市場から増資をする必要はなさそうです。
経営陣も中西一族で独占しています。

市場の評価はどうでもいいのかもしれません。

でもこの会社、株主構成から言うと結構微妙です。
外国が40%を占めています。
経営陣の持ち株は30%くらい。
うかうかしていると乗っ取られる可能性も!?


そんなナカニシですが、週刊ダイヤモンド3/18号で注目銘柄として取り上げられています。
目標株価は2万円とのこと。
昨日まで上がらない株価にもう売れ!と言い続けていた共同出資者の父親が、今日になって急に持っておけ!に変わりました。
・・・。

TSUTAYA Wカード

先日、オススメのクレジットカードとして楽天カードを紹介しましたが、今日はその第2弾としてTSUTAYA Wカードを紹介します。

名前のとおり、株式投資家にはおなじみのTSUTAYAが提供するカードです。


TSUTAYAの会員証として使え年会費は無料。普通のTSUTAYA会員証は1年ごとに更新手数料が必要ですが、TSUTAYA Wカード利用であれば更新手続きも手数料も不要になります。
TSUTAYA Wカード利用でDVDやCDをレンタルすると、10%キャッシュバックされます。


ここまでならば、TSUTAYA利用者以外にはまったく魅力のないカードですが、このカードには万能型の素晴らしい特典が付いています。


・Tポイント獲得

TSUTAYAだけでなく提携店でもポイントを獲得できます。

頻繁に利用するコンビニやガソリンスタンドで利用できるというのは使い勝手がすごく良いです。
また、楽天とも提携しており、楽天カードとの相乗効果が効くのでサブカードには持ってこいなんです。


他にもいろいろ特典はありますが、ここで特に注目しておきたい点は海外旅行傷害保険です。
■保障内容
傷害による死亡・後遺障害 1,000万円
傷害による治療費用 200万円
疾病による治療費用 200万円
携行品の損害(1事故免責3,000円) 1旅行20万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円

続きを読む
livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン