成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2005年07月

アセット・マネジャーズグループ会社説明会

asset-m
昨日は大阪で行われたアセット・マネジャーズグループの会社説明会に参加してきました。

会場はグループ傘下のホテル日航茨木大阪。もとは京都ホテルグループでしたが赤字のホテルでした。アセットM傘下となって黒字転換しているそうです。稼働率は80%〜90%。素晴らしい再生案件の1つですね。

説明会にはアセット・マネジャーズの青木社長、アセット・インベスターズ若山社長、自然堂の新川社長のほか、予定にはなかった古川CEOも来てくれていました。

説明会は1社20分程度の持ち時間で発表、最後に古川CEOよりグループ全体としての話がありました。1社20分というのは短かったですね。表面的な話になってしまっていたので残念です。

続きを読む

テイクアンドギヴ・ニーズ−1Q決算発表

テイクアンドギヴ・ニーズ第1四半期の決算を発表しました。

05年度第1四半期 04年度第1四半期
売上高 (百万円) 7,788 4,654 (+67.3%)
営業利益 (百万円) 1,513 924 (+63.6%)
経常利益 (百万円) 1,544 935 (+65.2%)
当期利益 (百万円) 896 545 (+64.3%)

可もなく不可もない決算内容だと思います。
今四半期はT&Gの今後を占う重要な決算でした。
今期はSPCと値引き販売による利益率悪化が懸念されていました。
その不安は払拭したのではないでしょうか!

売上原価増減率:+66.3%
販管費増減率:+70.8%
売上の伸びと比較すると、販管費が多くなっていることが読みとれますね。
増加要因については今回の発表ではわからないので、調査が必要ですね。

続きを読む

2つの解釈−アーネストワン

昨日のアーネストワンの1Q決算減益には驚きましたが、
減益の要因としては、
1.値下げによる売上の低下
2.土地購入費や外注費の増加
が考えられると昨日書きました。
この2つの考えは共にあり得るようなので、紹介しておこうと思います。

「1.値下げによる売上の低下」の考えの根拠は、
アーネストワン1Q分析
アーネストワン1Q分析その2
に書かれています。

フージャース株主友の会(一般用)さんで、詳しく書かれているので簡単に書きますが、
粗利率の低下は前期の完成在庫が多かったので、処分売りを実施したからだ、というものです。過去の統計データを見ると、確かに完成在庫の多かった年は、上期の粗利率は悪化しています。


一方、「2.土地購入費や外注費の増加」の根拠は、売上の好調さにあります。

1Qの売上は通期予想に対して16.24%となっています。
この数値は過去の決算と比較しても良い方に入るんです。
前期は18.72%と2%以上高くなっているんですが、これにはカラクリがあります。
下期に取引先の倒産による着工遅延により下期の販売が低迷してしまっているんです。この影響は通期の売上高は計画未達成となることでもろに出てきます。

売上進捗率は好調ですが、値引きをしてこれが達成可能なのか?というところが問題になってきます。
普通に考えると、値引き販売をしたのであれば、売上は低迷すると考えるのが自然ですよね。

粗利率の悪化は売上原価を構成する上で比率の大きい、土地購入費or外注費が上昇したからではないかと。外注費は比較的安定していますが、土地購入費は年度によってバラツキがあります。

これから、粗利率の悪化は土地購入費の上昇が要因だろうと考えます。
ここで思い出すのが関西の戸建て業者ファースト住建です。ファースト住建は業績予想を下方修正したんですが、その理由として土地購入費の上昇をあげているんです。
同じことがアーネストワンに起こる可能性は否定できないんですよね。


続きを読む

7/27ポートフォリオ概況

今日は決算のいまいちだったアーネストワンの信用購入分300株を売却しました。ポジションを落として様子を見ることにします。

アーネストワンは売上については順調に推移しています。
業績予想を元々弱気に設定していたので、1Qの悪化した利益率がこれからも続くと仮定しても、通期予想の達成は十分に可能なんです。
しかし、中間期で見ると未達成となる懸念があります。
中間未達成時の下がったところを買うのもアリかな、と思っています。

・クリップコーポレーション 1,600(1,135×200)
・アーネストワン(現物分) 2,575(2,835×200)
・パシフィックマネジメント 498,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 455,000(218,333×3)
・ナック 1,849(1,367×200)

保有銘柄がだんだん少なくなっています・・・。
買いポジションを高められるという意味ではいいんですが、業績好調な銘柄であれば売る必要はないわけですから、反省材料は多いです。
フージャースのような月次開示の好調な銘柄に投資する方が、安全なんでしょうね。

そういう銘柄は今のところポイントとヴィレッジバンガードの2社を把握しているんですが、他にもあるんでしょうね。
一度本格的に探してみたいです。

ナック−1Q決算発表

ナックが06.3期1Q決算を発表しました。
結果は増収減益でした。
アーネストワンと同じ・・・。
減収ではなく赤字転落なのでもっと悪いかも(涙)

0eaf7718.GIF






売上の到達率を見ると去年より悪いことがわかります。
これはまずいですね。
住宅の受注残は順調に伸びていますし、1Qの住宅売上高は4Qの受注残と比べても少ないことから、2Q以降に売上として反映されてくるとは思います。

今の段階では通期達成ができるかどうか判断しかねます。
業績予想は難しいですね・・・。

アーネストワン−1Q決算発表

アーネストワンが06.3期1Q決算を発表しました。
結果は増収減益でした。
減益かぁ・・・。

0455a317.GIF



減益の要因は売上原価の増加ですね。
80.4%→83.3%と約3%上昇しています。
前期の四半期決算を通して、売上原価は80.●%で安定していたので悪化には驚きました。
販管費の方は伸びはほんのわずかなので素晴らしいんですが・・・。

売上原価は
・土地購入費
・労務費
・外注費
・経費
の4つから成り立っているのですが、労務費と経費の占める割合は合計して2%程度ですから、ほとんどは土地購入費か外注費ということになります。

減益の要因としては、
■値下げによる売上の低下
■土地購入費や外注費の増加
■利益率の良いマンションの売上が少なかった
の3つが考えられるでしょうか?
どれが原因なのかはわかりません(涙)
フージャース株主友の会(一般用) さんが、詳細な分析をしてくれると思うので、ブログへのアップを待つことにします(笑)

アーネストワンの中間予想は
売上:49,000 経常利益:5,300
です。達成するためには2Qで、
売上:28,697 経常利益:3,417 経常利益率:11.9%
が必要です。

7/25ポートフォリオ概況

・クリップコーポレーション 1,600(1,135×200)
・アーネストワン(信用分) 2,765(2,697×300)
・アーネストワン(現物分) 2,765(2,835×200)
・パシフィックマネジメント 506,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 451,000(218,333×3)
・ナック 1,815(1,367×200)

注目のフージャースは寄り付きこそ先週末比-5,000円でスタートしたものの、その後は順調に値上がりして終値は+10,000円となりました。
買い増しは出来ず。残念。
ストップ安で指値していたんですけどね(笑)

昨日、本屋で
株は「アノマリー投資」で儲けろ!
という本を立ち読みしたのですが、この本によると、
下半期は株価が低迷しやすいそうなので、気長に値下がりを待つことにします。

パシフィックが+17,000円と割と大きく上昇。材料は特になさそうですが、値上がりはよしとしましょう(笑)

明日はアーネストワンの1Q決算発表です。
フージャースと違い決算が出てみないと業績はわかりませんから、要注目ですね。
今週は28日にT&Gも決算発表なので、重要な1週間となりそうです。

ブログを考える

今日本屋に行ったところ、本屋の店員さんが入荷した本を棚に飾ろうとカートに本を積んでありました。
一番上に置いてあった青いカバーの本が目に留まりました。
色が派手ですからね。

本のタイトルは
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書 (とっておきの秘技)

そのまま立ち読みをすることになりました(笑)

1年ちょっとブログを続けていますが、こういうたぐいの本を読むのは初めてです。これまでブログについて何か考えたことはありませんでした。なぜなら、株式投資のブログというのは他ジャンルのブログと違い、客観的に評価できる数値があるんですよね。投資成績という名の。
だから、アクセス数は単純に投資成績に比例するだろうと思っていました。

でも、本を読んでみると、そうだったのか!と新たな発見をすることが多く、こういう本も馬鹿には出来ないな、と。
結局、買ってしまいました(笑)

一番参考になったのは、
第4章 読み手を惹き付ける文章作成の秘技

ですね。
読みやすい書き方をすることは、読者の負担を軽減することになりますから、書き手として大切だと思います。
心がけていきたいです!!

続きを読む

MOON OWNERSHIP CARD

久々に月の土地を売っているルナエンバシージャパンのホームページを訪れたところ、「MOON OWNERSHIP CARD」なるものが新たにできたようです。

「今後、ルナエンバシージャパンではどのようなグッズを扱って欲しい?」という質問をメルマガに書いたところ、お客様から「せっかく月の土地を買って、他の人にも教えたいけれど、権利書を持ち歩くわけにはいかないので、何か携帯できる自分の土地の地図が載っているカードのようなものが欲しい」というご意見があり、それを受けて作ってくれたようです。

b14d813b.gif





権利書ってB4に近い大きさがありますから、なかなか持ち歩くわけにもいきません。汚したくないですしね。カードができたことによって、普段から財布に入れておくことが出来るようになります。これはいいですね♪コンパでもネタに使えそう(笑)

カード付きだと値段が500円アップしてしまうんですが、6月までに購入している既存オーナーについては、7月末までに申し込んだら無料で発行してくれるようです。
既存オーナーの方は早めの申請をオススメします。
申請にかかる時間は1分程度とすぐにできますよ。




懸念材料?発見

先ほど、フージャースの第1四半期決算を見て完璧だ!と書きましたが、おや?と思うものを見つけました。

何かというと売上です。
今期、フージャースの販売戸数はたった1戸なんですが、その売上高は1164万円なんです。
1164万円って安すぎるような気がします。
決算発表最後のページの販売価格には2328万円と記載があります。
売れ残り物件だったので、完成在庫ゼロを達成させるために50%引きで売ったのではないかと推測がつきます。

50%引きってお買い得だなぁ。
この値段だと月10万円で賃貸したら利回り10%になります。
この物件、かなりのお買い得だったのではないかと。
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
過去のブログ