成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2005年06月

AKI成長株ファンド月次報告(05年6月)

b8f9c85a.gifAKI成長株ファンドの6月次運用成績報告です。
5月は仕事が忙しくて更新できませんでしたので、2ヶ月ぶりの報告となりました。
当ファンドをご購入して頂いた皆様には、ご迷惑をおかけしたことをお詫びします(笑)

6月の運用成績は前月比+4.0%でした。TOPIX:+2.9%ですから、インデックスを若干上回る数値となっております。
ファンド設定来の通算成績は+47.5%で、TOPIXの+11.2%を上回る運用成績を収めております。


続きを読む

6/30ポートフォリオ概況

・クリップコーポレーション 1,671(1,135×200)
・アーネストワン 2,665(2,697×300)
・パシフィックマネジメント 451,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 448,000(218,333×3)
・ファースト住建 2,185(1,730×200)
・ナック 1,915(1,367×200)

今日で6月も終了です。
後で計算をしてみないとはっきりした金額はわかりませんが、月初と比べると資産は増加していると思います。
パシフィックマネジメントとアーネストワンは含み損のままですが、損失は2%以内と小さいのが救いです。
まあ、高いところで買っているとは思ってないですから、地道に待ち続けます。

6/29ポートフォリオ概況

・クリップコーポレーション 1,670(1,135×200)
・アーネストワン 2,640(2,697×300)
・パシフィックマネジメント 458,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 450,000(218,333×3)
・ファースト住建 2,175(1,730×200)
・ナック 1,916(1,367×200)

本日はなかなか好調な1日でした。
含み益は98万円ほど。もう少しで100万円。

昨日はT&Gの株主総会でした。
ヤフー掲示板の方に報告がありますが、配当政策で株主と揉めたようですね。
総会自体も地味な感じでT&Gらしくないな、と思います。
サプライズがウリの会社ですから、株主に対しても何らかのイベントをして欲しいです。

フージャースの株主総会と比べるとなんとも寂しいです。
まあ、フージャースの総会が凄すぎるんでしょうけど。

不動産銘柄と地震について

相互リンク先の幸せな投資家の徒然記さんのコメントに、

不動産関連がよいらしいのは、なんとなくはわかるのですが、「地震」のリスクはどう考えたらいいのでしょう。
一番反応しそうな気がするのですが。
景気の先行きが読めないことと、地震の不安を考えると、どうも株をたくさん持つという事は、考えられないのですが。
全部短期売買に変えたいくらいです・・

という質問がありました。

私のPFは、マンデベのフージャース、戸建てのアーネストワン、ファースト住建、注文住宅のナック、不動産流動化のパシフィック、と不動産銘柄がずらりと並んでいる状態です。

不動産銘柄だけに限らず「地震」のリスクをどう考えるか、というのは株式投資をする上でも非常に重要でしょう。
なので、私が「地震」どう考えているのか書いておこうと思います。

続きを読む

6/28ポートフォリオ概況

・クリップコーポレーション 1,655(1,135×200)
・アーネストワン 2,585(2,697×300)
・パシフィックマネジメント 445,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 447,000(218,333×3)
・ファースト住建 2,080(1,730×200)
・ナック 1,923(1,367×200)

パシフィックは今日もまたまた下落。
買ってから一度も含み益になることがないというのはなんとも・・・。
ファースト住建は朝方は元気が良かったみたいですが、理由はよくわかりません。

アーバンコーポレイションが米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)と組んで不動産開発事業を行うようですね。
アーバンはT&G傘下のグッドラックと組んで不動産開発事業を行うなど、提携に積極的なようです。
アーバンは元々マンデベですから、自前の建設能力があります。これを生かして不動産再生事業を手がけているので、普通の不動産流動化会社より選択肢があるのが魅力的です。

6/27ポートフォリオ概況

・クリップコーポレーション 1,641(1,135×200)
・アーネストワン 2,585(2,697×300)
・パシフィックマネジメント 450,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 456,000(218,333×3)
・ファースト住建 2,030(1,730×200)
・ナック 1,916(1,367×200)

飛びついて購入したパシフィックは今日も下落。
高い株価で買ったとは思っていないので、含み損がいくら増えてもホールドですが、赤字というのはいい気分はしないものですね。
アーネストワン共々頑張って欲しいです。

あっ。買い増すなら赤字になってくれた方がいいのか(笑)

シーズクリエイトとパシフィックが組んで、祐天寺プロジェクト(仮称)という賃貸共同住宅の開発を始めるようです。
シーズクリエイトは完成在庫ゼロを誇る数少ないマンデベですから、なかなか良い組み合わせだと思います。

コメントへの返信

フージャースコーポレーションvsテイクアンドギヴ・ニーズでたくさんのコメントを頂いたので、今回はブログに返信したいと思います。

まずは、ほんやさんから。
>T&Gは株価が10万円台と買い易いので1つぐらい買ってみようかなと思っています。あと2314も買おうかなと思っているのですがどうでしょうか?

T&GのPER30倍割れは今の予想成長率が維持されるのであれば、お買い得だと思います。
レントラックジャパン(2314)はバリュー投資家の間では結構有名な銘柄です。チャートも綺麗な右肩上がりなので良さげですね。
リスクはCCCの業績を連動してしまうことでしょうか。

2番目はtakeさん。
>テイクアンドはいいですね〜

私がお礼を言うのはおかしいんですが、ありがとうございます(笑)
takeさんはデイトレ専門のようですが、T&Gはデイトレに向いているんでしょうか???

3番目は迷羊さん。
>(T&G):挙式披露宴業なんですが、息子が京都の挙式披露宴業でバイトをしていました。息子曰く、最近は少し暇みたいなんです。(季節要因でなく全体的に・・)
日本の少子化が原因なのかな〜・・・って私と話したことがあるのですが(T&G)の将来性に不安はないでしょうか
素人の不安!?

少子化の影響はウエディング業界に限らず全ての業種に当てはまることですから、気にしても仕方のないことだと思います。
少子化の影響を1番に受けている西松屋はきちんと成長していますから、優良企業にとって少子化は関係のない話で、環境を言い訳にするような会社は優良企業ではないと思っています。

続きを読む

フージャースコーポレーションvsテイクアンドギヴ・ニーズ

タイトルはフージャースコーポレーションvsテイクアンドギヴ・ニーズです!
フージャースはマンションデベロッパー、テイク(以下T&G)は挙式披露宴業と業種は全く違います。
それなのになぜvsなのか?

業績(四季報抜粋)
■フージャース(単位:百万円)
       売 上  経常利益
03.3 11,535   810
04.3 13,201 1,446
05.3 21,032 2,905
06.3 31,000 5,100
07.3 40,000 6,000

T&G(単位:百万円)
       売 上  経常利益
03.3  5,275   467
04.3 11,444 1,447
05.3 21,830 3,501
06.3 32,900 5,200
07.3 42,000 7,000

業績を見ると同じような成長曲線を描いているんです。
投資対象として見た場合、同じ成長率の会社ですから、ある意味ライバルと呼べる関係だと思います。

フージャースは業界トップではありませんが、その優位性では間違いなく業界トップの企業です。
売上はまだ200億円程度ですが、今の時点で他社に真似が出来ない「広くて安い」というビジネスモデルを構築しているんですから、廣岡社長の能力は素晴らしいものがあります。
マンデベは首都圏だけで売上1,000億円程度までは成長可能という巨大市場ですから、今投資したとしても株価5倍は狙える優良株です。

一方のT&Gは1998年創業という若い企業でありながら、早くも業界トップの地位を固めつつあります。同業のベストブライダルは1995年創業とT&Gより3年リードしていながら、今期予想売上は162億円ですから、T&Gはダブルスコアを付けています。
野尻社長の経営能力の高さは数字で証明されていますね。
T&Gは業界最高値の客単価を誇り、営業能力に優れている会社です。

続きを読む

パシフィックマネジメント購入

昨日は寄付でパシフィックマネジメント1株を購入しました。
以前、アーバンコーポレイションを持っていたことがありますが、2度目の不動産流動化銘柄の保有になります。
PERは460,000円/19,890=23.1倍
割安な株価というわけではないので、弱気に1株の購入です。
これで、不動産流動化銘柄の勢いをPFを取り入れることができます。

あと、購入するとしたらアセット・マネジャーズアーバンコーポレイションの2銘柄を検討しています。

・クリップコーポレーション 1,640(1,135×200)
・アーネストワン 2,605(2,697×300)
・パシフィックマネジメント 453,000(460,000×1)
・フージャースコーポレーション 458,000(218,333×3)
・ファースト住建 2,070(1,730×200)
・ナック 1,881(1,367×200)

パシフィックマネジメント

パシフィックマネジメント(8902)が大幅上昇修正&大型公募増資&3分割を発表しました。
トリプル材料ですね〜。
パシフィックマネジメントは買いたいと思っている銘柄なので、複雑な気分です。

大幅上昇修正の方は、通期では売上高を従来の221億6500万円から334億6300万円(前期比40.4%増)に、経常利益が47億6900万円から72億4100万円(同2.2倍)に、当期純利益も25億9100万円から41億4900万円(同2.4倍)にそれぞれ大幅に増額しました。
月次情報を見ると、不動産投資ファンドの資産残高が大きく伸びているので、妥当なものだと思います。

大型公募増資は2万9000株の公募増資と、1000株上限の第三者割当増資になっていますので、合計3万株という事になるでしょうか。
パシフィックマネジメントの発行済株式数は178,600株ですから、約14.4%の希薄化となります。
EPS=41億4900万円/208,600株=19,890円
となるので、
PER=435,000円/19,890円=21.9倍となります。
PER20倍ちょっとなら結構お買い得ですね!

私は購入したいなぁと思いますが、さて市場は明日どう判断するんでしょうか?公募増資を嫌気してくれないかな(笑)
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ