成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


2005年01月

1/31ポートフォリオ概況

・テイクアンドギヴ・ニーズ 126,000(+7,000)
・クリップコーポレーション 1,302(+41)
・ライブドア 447(-7)
・フージャースコーポレーション 274,000(-1,000)

T&Gは上昇。
決算発表に向けて好調に推移しています。
早いところ分割高値の13.8万円を越えて欲しいところです。
クリップも結構頑張ってくれました。
月末は収支報告をするので、上がってくれるといつもより嬉しいです。

競艇 GI第19回新鋭王座 最終日

今日は友達と久々に競艇に行ってきました。
G1第19回新鋭王座 最終日の12Rです。
連れていってくれた友達は7/17のブログにも紹介したT君です。

結果は
投資金額:500円、払戻金額:650円
収益:150円でした。
今回は2−1の2番人気という本命でした。

T君も本命押さえとして買っていたので珍しく?当ててます。
収支は−700円でしたが。

今回のレース結果は不本意でした。
T君の惜しいところで外すといういつものキレを見ることが出来なかったからです。
私は2−1以外はT君とは違う組み合わせを買ったんですけどねぇ。
残念!

MBAバリュエーション

MBAバリュエーション
著者:森生 明
出版社/価格:日経BP社/¥2,520
オススメ度:★★★(最高ランク)


投資銀行などM&Aの前線における経験を豊富に持つM&Aの専門家が書いたバリュエーション(企業価値評価)の本です。
企業価値評価方法の本質を説明することを目標に、基礎編と実務応用編に分けて構成されています。

基礎編では、「企業価値」およびそれを決める要因、価値の測り方などを初心者にもわかりやすく説明してくれています。
応用編では、「株価算定とM&Aの実務」にスポットを当て、豊富な経験を持つ著者だからこそ書くことが出来る、会社の値決めの実際や、「価値創造」の仕掛けに関して、最新のトピックスが数多く収められています。
巻末には、用語索引が日英併記され、専門用語の辞書としても使えます。

本書は、単に理論を伝えようとする図書ではなく、練習問題がたくさん収められたテキストでもありません。あくまでM&Aの現場からの生の声を聞く実務書です。
第7章の「M&A現場の実況中継―A社を買収せよ」は、M&Aの担当者になったような臨場感が味わえます。

M&Aにおけるバリュエーションとは、適正な価格で株式を取得するというものに他なりません。株式を取得するという意味ではM&Aも株式投資も全く同じな訳で、下手にバリュー投資の本を読むよりも、本書を読む方が適正な価格で株式を購入する事の大切さを理解しやすいように思います。

バリュエーション、M&Aというと難そうと思いますが、全くの初心者に理解できるように詳しくかつ平易に書いてくれていますので、見た目よりは遙かに取っつきやすくなっています。
バリュエーションを学ぶ最初の1冊目として最適です!!

今日のスポーツ

今日はスノボーに行って来ました。
今年の初滑りです。
朝早く起きないといけないし結構遠いので行くまでは面倒だなぁ、なんて思っていましたが、やっぱりスノボーは面白いです!
雪質も思ったより良かったし、そんなに人も多くはなかったので、なかなか快適でした。
そんなに上手いわけではないけど満喫してきました!

サッカー日本代表はカザフスタンに4−0で快勝♪
カザフのディフェンスがお粗末だったとは言え、これだけ点数が入ると見ていて面白かったです。
次の試合もいっぱい点が入って欲しいです。

続きを読む

1/28ポートフォリオ概況

・テイクアンドギヴ・ニーズ 119,000(-4,000)
・クリップコーポレーション 1,261(+6)
・ライブドア 454(+20)
・フージャースコーポレーション 275,000(+4,000)

T&Gは上昇→下落→上昇→下落、とサイクルが出来ています。
上昇の値幅が下落の2倍あるので、株価は上昇しています。
来週の木曜が3Q決算なので、来週も堅調に推移するのではないでしょうか?
決算発表後に材料で尽くしか!?

T&Gの3Q決算を一応予測しておきます。
T&G専門アナリストAKIによる予想
3Q(売上:71.2億円、経常利益:15.6億円)
1〜3Q合計(売上:158.8億円、経常利益:29.4億円)

まあ、利益は全くあてにならないと思います。
3QはTVCMの広告宣伝費を計上しました、なんてあるとアウトですから。

続きを読む

1/27ポートフォリオ概況

・テイクアンドギヴ・ニーズ 123,000(+9,000)
・クリップコーポレーション 1,255(-25)
・ライブドア 434(+7)
・フージャースコーポレーション 271,000(-5,000)

T&Gが12万円台に乗せてきました。
12万円台は11月25日以来2ヶ月ぶりです。
7月からの下降トレンドもやっと反転でしょうか。

今日は年始から好調であったフージャースとクリップは下落。
不調続きだったT&Gとライブドアは上昇と、バランスのとれた?1日でした。

結婚市場の難しさ

相互リンク先のNoppin's stock cafeさんT&Gの将来像というコラムがあります。
T&Gホームページの採用情報のところにあるものです。

T&Gは今後、多角化による成長を目指すと明確に書かれています。
しかし、多角化=多悪化とも言われるように、多角化というのは失敗する事もありえる難しいものだと思います。
投資をする上では多角化はリスクになる、という事は肝に銘じておきたいです。
一番いいのは同一事業で成長を続けることでしょう。
バフェットはこの点に注目する事で、世界第2位の資産家になっています。
しかしながら、結婚式市場というのは2兆円程度しかなく、市場規模としては大きいとは言えません。
T&Gが成長を続けるには、多角化するしか方法がない事も事実なのです。

続きを読む

1/26ポートフォリオ概況

・テイクアンドギヴ・ニーズ 114,000(-4,000)
・クリップコーポレーション 1,280(-9)
・ライブドア 427(+8)
・フージャースコーポレーション 276,000(-1,000)

T&Gはやっぱり?1日天下でした。残念。
地道に行きましょう。
でもまあ、30日チャートを見ると一応上昇トレンドではあるんですよね。売買の参考にはならないだろうけど。

1/25ポートフォリオ概況

・テイクアンドギヴ・ニーズ 118,000(+10,000)
・クリップコーポレーション 1,389(-11)
・ライブドア 419(+8)
・フージャースコーポレーション 277,000(+3,000)

今日はT&Gが大幅高となりました。
日経新聞19面の「まちかど」に【東証一部上場の可能性】の記事が掲載されたようで、これが起爆剤になったのでしょう。
何を今更という気はしますが、知らない人は多いんでしょうね。

明日12万円台で引けるのであれば、上昇トレンドへ移行が期待できます。いつもどおりであればここで跳ね返されるでしょう(笑)

結構違う戦略

テイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)ベストブライダル(BB)は、共にハウスウエディングを提供している会社と言うことで一対に見られがちですが、戦略はかなり違います。

T&Gは1チャペル1バンケットが絶対原則ですが、BBは1チャペル複数バンケットになっています。
T&Gは一軒家を完全貸切ですが、BBは厳密に言うとそうではないんですよね。

BBはエントランス→チャペル→バンケットというベルトコンベア式の流れをつくる事で、1時間に1組を迎え入れる事ができ1バンケットで1日3組の披露宴が可能です。
一方、T&Gはエントランスもチャペルもバンケットも完全貸切になってしまいますので、1日2組しかこなす事が出来ません。

また、BBはバンケットごとに大きさ(最大収容人数に影響)や雰囲気を変えています。これにより出席人数に合わせた効率的な会場を提供する事が出来ますし、好みに合ったバンケットが見つけやすくなっています。

T&G方式のメリットは完全貸切を実感出来るという事。BBは見えないだけで、実は周りは結婚式で溢れているんですよね。T&Gのメリットは単価にきちんと現れており、BBの380万円に対しT&Gは450万円という高単価を実現しています。

このようにT&GとBBは似ているようで戦略は全然違います。
これは両者の成り立ちの違いが大きいのだと私は考えています。
BBは既存の専門式場で働いていた社長が独立してハウスウエディングを提供しているので、専門式場のメリットは残そうとしています。
一方、T&Gは既存ウエディングを完全否定する事で創業しているので、専門式場の名残が残るようなものは一切取り入れていません。

大手は資金力があるので、効率性を重視してBB方式が多いようです。
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン