今日、ユナイテッドワールド証券に25万円を入金しました。

年初に書いたとおり中国株を購入に踏み出します。

購入する銘柄は既に決めています!
ハンセンH株指数ETFです。

スポンサードリンク
私の中国株の見方としては、
“展途上の中国は長期で見ると確実に利益の出る投資対象である。
⊃楊姥気寮擇蠑紊欧盒瓩ぞ来にある事が予想されるので、為替差益を狙える。
3姐颪覆里能淑な投資情報を得ることはなかなか難しい。
す饉体の投資環境はまだまだ未熟で、粉飾決算も当たり前である。

です。リターンは大きいがリスクも大きいという認識です。
なので、目標パフォーマンスはインデックス程度のパフォーマンスで良いと考えています。
そこで、中国株全体に投資出来て、かつ手数料の安いETFを中心に購入していこうと考えました。

日本の個人中国株投資家の動向を調べた(AKI調べ)ところ、ハンセンH株指数構成銘柄比率は48%でした。ハンセンH株指数構成銘柄はたった38銘柄(香港株は1000銘柄以上)しかない事を考えるとかなりの高比率です。

ただ、このハンセンH株指数は石油会社の組み入れ比率が極端に高く(32.72%)、パフォーマンスが石油会社に依存しやすいという欠点があります。しかし、これから人口の多いBRICsが成長を遂げていくのであれば、石油の消費量は伸びるばかりでしょうから、石油会社の将来性は明るい!なので、組み入れ比率は高くても構わないと思っています。
(参考)組入銘柄TOP5
1:中国石油(17.69%) 2:中国石油化工(12.83%) 3:中国人寿(9.85%) 4:中国電信(9.18%) 5:中国平安(8.13%)
スポンサードリンク