フジテレビは素晴らしい作戦を立ててきたようです。

新株予約権を引き受けでフジはニッポン放送を子会社化。
しかも、33%超ニッポン放送株を取得してからという用意周到さ。

■ニッポン放送の説明
・「ライブドア傘下になると、フジサンケイグループから離脱せざるを得なくなり、企業の価値が損なわれる」
・「ライブドアがニッポン放送の株式を大量取得した経緯は不透明で、違法の疑いもある手段をちゅうちょなく用いるライブドアが支配株主となることは、マスコミとしての高い公共性と両立しないと判断した」

一応もっともらしい理由ではあります。
ライブドアはイーバンクとの裁判闘争の末に実質負けた過去があります。
1度あることは2度ある?

ライブドアとしては裁判に訴えるしかないでしょうが、裁判は長期化が予想されます。800億円という巨額の資金を投入したにも関わらず、投資がいつ有効になるかわからなくなってしまいました。
これでは、ライブドアは今後のM&Aが出来ません。

さらにライブドアが裁判を起こせば、堀江社長がフジの25%取得の対抗策として口にしていた増資は自らも実行できなくなります。
また、仮にフジが裁判に負けたとしても、自分たちの敗訴を根拠にライブドア側の増資案を潰す事ができます。

33%超株式取得後の公募増資という作戦は、フジ側は失うものがなにもありません。ライブドアは裁判に勝ったとしても、最小限の投資効果しか得られないのです。

ライブドア敗北でしょうか。
保有しているライブドア株どうしよう・・・。
スポンサードリンク
スポンサードリンク