どざえもんさんから、ライブドアの決算についてどう思うか?という質問を受けたので、私が感じた事を書いてみようと思います。

ライブドアは売上の60%弱、利益の60%〜をイーファーナンス事業に頼っています。
一般にはIT企業と見られがちですが、実質は金融グループといった方が正しいと思います。

1Q決算はそのイーファイナンス事業の利益率が下がった事、および、ネットメディア事業(ポータルサイトのライブドア運営)が赤字になった事が収益を下げた原因です。

ヤフー掲示板ではこれを捉えて成長の鈍化と解釈しているようですが、私は1Qの決算だけで評価するのは早計だと思います。
利益は販管費の積極投入などで簡単にぶれますから。
まあ、売上が倍増するという計画自体が無茶な設定ではありますけどね(笑)

スポンサードリンク
ライブドアに投資する上で1番の問題は、売上・利益が全く読めないところです。今期計画も達成するのかどうか現段階では全くわからないんですね。
ライブドアに投資すると言うことは見えない敵と戦っているようなもので、リスクは非常に高いでしょう。

ライブドアを応援している人は多いですが、見えないものに期待してるだけ、といった印象を持っています。見えていないだけであればいいんですが、本当に何もなかった!という事も十分ありえますから・・・。

ライブドアは本業のない会社で、いろんなものに手を出しています。
売上・利益から見るとイーファイナンス事業が本業ですが、今回のニッポン放送TOBを見ても、脈絡のない経営をしています。
どの事業部門にもその事業を本業としている強力なライバル達がおり、これらのライバルに勝つことができるのか疑問は残ります。

本業を持たないというのは社長の方針ですが、私は本業のない会社で大企業になったところというのは見たことがありません。
ライブドアが初の大企業になるのかもしれませんが、過去に例のない事をしている訳ですから、投資としては高リスクになるのは明かです。

私がライブドアを投機銘柄もしくは宝くじ銘柄と位置づけているのは、こういう理由からです。
スポンサードリンク