相互リンク先の800万円→100万円→1億円達成の株式投資術さんに、毎年年末に日経新聞が発表している「ベストIPOランキング」を4年分アップしてくれています。

我らが?T&Gは02年ランキングで10位にランクインしています。
T&Gの03.3期売上:約53億円→05.3期売上:217億円(予定)と実に4.1倍に成長しています。
こんなに伸びている企業が10位という事は、1〜9位はどうなっているのか興味をそそられます。
そこで調査をしてみる事にしました。

スポンサードリンク
1位:ワークスアプリケーションズ 1.6倍(成長力評価:104)
2位:セラーテムテクノロジー 1.6倍(成長力評価:110)
3位:スタジオアリス 1.4倍(成長力評価:86)
4位:シミック 1.7倍(成長力評価:62)
5位:イオンファンタジー 1.4倍(成長力評価:48)
6位:イーシーワン 1.05倍(成長力評価:50)
7位:アンジェスエムジー 1.3倍(成長力評価:48)
8位:スパークス・アセット・マネジメント投信  2.3倍(成長力評価:41)
9位:ケネディ・ウィルソン・ジャパン 1.7倍(成長力評価:44)
10位テイクアンドギヴ・ニーズ 4.1倍(成長力評価:36)です。
T&Gの圧勝です♪まあ、この成長力を見込んだからこそ投資しているわけなんですけどね。

11位以下で際だった銘柄を探すと、
14位:ジー・モード 3.2倍(成長力評価:17)
16位:パシフィックマネジメント 2.1倍(成長力評価:18)
19位:ダヴィンチアドバイザーズ 1.9倍(成長力評価:14)
などがありました。

成長率を調べてみると、上位だから高成長という訳ではありません。
期待はずれだったのは、ほぼゼロ成長である6位イーシーワンと、マイナス成長の18位ジグノシステムジャパンくらいで、ほとんどの銘柄はきちんと成長しています。
2位セラーテムテクノロジーはずっと赤字なので、成長しているとは言えませんが、当時も赤字だったのでスクリーニングで排除する事は容易だったはずです。

セラーテムテクノロジーを除く19社に投資しておけば、インデックスを上回るリターンはあったものと思われます。
個別銘柄ランキングはお世辞にも当たっているとは言えませんが、成長株ポートフォリオとしての視点か見ると「ベストIPOランキング」は有望かもしれません。

面白い!と思って頂いた方はクリックをお願いします。 →blogランキング

スポンサードリンク