成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


シングルマザーが貧困に陥るのは当然なのか?

シングルマザー


シングルマザーの貧困問題には共感できないというブログを見ました。


趣旨としては、
誠実でしっかりと収入や貯金がある男ではなく、そんなダメ男と好き好んで結婚する。
僕という誠実で金もそこそこある男には見向きもせずに、ダメ男へと向かっていく。
誰もそいつと結婚してくれと頼んだわけじゃありません。
他でもないダメ男を選んだのは、シングルマザー自身です。

シングルマザーの貧困もそれと全く同じで、そういうリスクを負ってでもチャラい男を好きになった代償です。
一部の例外を除いて自業自得であり、その負担は当人が追うべきもの。
という内容です。



もうね、非モテの妬み以外の何物でもないですが・・・


その気持ち、

私もよく分かる!よく分かるぞ(涙)




チャラ男・ダメ男は女性の扱いが上手いのと、ワイルドっぽい雰囲気を持つ人が多いので、そこに惹かれる女性は多いのでしょうか?

ああ、チャラ男・ダメ男になりたい・・・。





続きを読む

年初は積極的に銘柄の入れ替えをしました

年末年始の休暇を利用して四季報を読みまくり、年初は組入銘柄の入れ替えをしました。


売買ノートに記録しておきます。


【購 入】
6561 HANATOUR JAPAN
  インバウンドで高成長中。
  経営陣が韓国人という異色の旅行会社
6668 アドテック プラズマ テクノロジー
  半導体関連銘柄
  1月12日に1Q決算を発表予定
7809 壽屋
  フレームアーム・ガールズというアニメを手掛ける。
  プラモデル、フィギュア、ブルーレイが好調
  プラモデルは2017年11月から20%増産
7860 エイベックス
  安室フィーバーに乗っかってみた。
  アルバム200万枚、ライブ80万人動員に株価はどう反応するのか?


【売 却】
4345 シーティーエス
6061 ユニバーサル園芸社
7192 日本モーゲージサービス
7508 G−7ホールディングス


購入資金捻出のため4銘柄を売却しました。



売却した銘柄の方がリターンが良かったら凹みますね。

結果は年末に。

セラーテムテクノロジーが自社株買い取り

2012年7月に上場廃止となっていたセラーテムテクノロジーから、自社株を買い取りたいとの通知が届きました。


この会社、以前に1株1500円の自社株買いを行った会社です。

その時の様子はセラーテムテクノロジーが自社株買いで書きましたが、
PBR:0.21倍、PER:3.76倍
という不当と言えるレベルの超安値での自社株買いだったので見送りました。


今回は1株につき3500円で買い取るとのことです。

これでもPBRは0.5倍以下での買い取りですから、安値買いであることには変わりありません。


しかし、今回は385,000株を1株に併合し、併合したあと1株未満になるような株数は、事前に強制的に買い取る方針のようです。

私の保有株はたったの200株なので、この比率で併合されると強制買い取りになります。


今回は会社が本気モードですし、買い取り価格も2倍以上に引き上げているので、応じざるを得ないんでしょうね・・・。



続きを読む

2018年が始まった。さて、今年の目標は?

2018年が始まりました。
今年もよろしくお願いします。

今年は資産形成という点では重要な1年になりそうです。

まず、昨年は株式市場にとっては追い風の年で、全体的に堅調な1年でした。
こういう年の翌年は波瀾が起きそうで不安になりますね。
北朝鮮問題、消費税増税、ビットコインバブルなど、材料はいろいろありそうです。

また、個人的にも今年は運が良ければ「億り人」を狙えるポジションまで資産が増えてきました。
今年は無理でも来年に繋げられるよう、着実に資産を増加させることが求められる1年になりそうです。



続きを読む

AKI成長株ファンド月次報告(17年12月)

2017年12月の運用成績を報告いたします。




【29.12運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+1.8%
  年 次:+31.6%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.1%
  年 次:+9.0%

ウ.総合成績
  月 次:+1.7%
  年 次:+29.5%


エ.TOPIX
  月 次:+1.4%
  年 次:+19.7%




2.概 況

12月は利益確定売りに押され下旬まで運用成績は伸び悩みましたが、権利落ち日以後は株価が上昇し、プラス運用を収めることができました。
かろうじてTOPIXを上回ることもでき、資産最高額での大納会を迎えることができホッとしています。

年間成績は+29.5%。
昨年は+15.8%でしたので、倍近く引き上げることができました。
年初の目標であった+20%も上回り万々歳、と言いたいところですが、周りの投資家を見ると、+100%がゴロゴロいる状態なので、素直に喜べない自分がいます・・・。

今年はプライベートでもいろいろあって、良い1年とは言えなかったので、来年はもっと喜べる1年にしたいです。




3.売 買

新規購入:アグレ都市デザイン、日本モーゲージサービス、フジコー、エービーシー・マート
買い増し:ユニバーサルエンターテインメント
完全売却:マルサンアイ、イーレックス、ゲンキー、極楽湯
一部売却:シーティーエス、アークランドサービス、MCJ
優待クロス:すかいらーく

売買報告は11月分をしていなかったので、11月と12月を合わせて報告します。

9月ごろに購入を迷っていたアグレを11月に買いました。
さっさと買わなかったばかりに、高い買い物になってしまったことが悔やまれます。
業績が好調な日本モーゲージサービスを組み入れ、フジコーはNAS電池関連の材料に期待して少量購入
また、WYNN社との裁判に進展のあったユニバーサルエンターテインメントを買戻しました。

割安ではあるものの、業績成長がいまいちなマルサンアイは売り切り。
イーレックスはZAIで社長が競争は厳しいと言っていたので、撤退することにしました。
ゲンキーは売るかどうか迷ったんですが、資金が足りなくなったので一旦見切り売りとしました。
極楽湯は1単位のみの保有でしたが、株価がパッとしないので売却しました。

シーティーエスは株価が1,000円を超え、PERが40倍となったので一部を売却しました。ただ、その後の値動きを見る限り、売り切っておくべきだったかと少し後悔しています。
アークランドサービスもPERが40倍近くになったので、一部を売却し2単位のみの保有としました。
MCJは新規購入銘柄の資金を確保するため、株主優待分を残して売却しました。

優待クロスは定番のすかいらーくをゲット
マクドナルドは家族の評判が悪いことと健康面を考慮して見送りました。




続きを読む

【書評】お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい


お金は寝かせて増やしなさい
著 者:水瀬ケンイチ
出版社:フォレスト出版
価 格:¥1,620
オススメ度:★★★+α(最高は★★★)



インデックス投資ブロガーである水瀬ケンイチさんが書いた、インデックス投資のやり方を書いた一冊

最近は投資ブームになりつつあり、インデックス投資の知名度も上がってきました。
なので、インデックス投資に関する本も多数出版されています。

それらの類書と比較した時、本書は最高の1冊といえる珠玉の出来栄えです。
特に、「これから投資を始めたいと考えている入門者」、「リーマンショックを経験したことのない投資家」は絶対に読むべき本だと断言できます!


本書を読むことで一通りのインデックス投資に関する知識を得ることができますが、特に優れていると思うコンテンツが2つあります。


続きを読む

AKI成長株ファンド月次報告(17年11月)

2017年11月の運用成績を報告いたします。

多忙につき簡易版となります。




【29.11運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+2.3%
  年 次:+29.3%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.6%
  年 次:+7.7%

ウ.総合成績
  月 次:+2.2%
  年 次:+27.3%

エ.TOPIX
  月 次:+1.5%
  年 次:+18.0%

バランスファンドに投資をしてはいけないのか?

最近、ブログやツイッターで、バランスファンドへの投資の是非が取り上げられてます。

どうやら先日開催された「つみたてNISA Meetup 女子部 in 東京」で、バランスファンド論争があったようです。


バランスファンドへの投資は昔から賛否がある話題です。

今回はバランスファンド肯定派のカンさん否定派の山崎さんの間で、論争となったようですね。

「つみたてNISA Meetup 女子部 in 東京」にゲストとして参加しました

わたしは、ひとつの【方法論】として、★ バランスファンドというタイプの投資信託を、「3つの窓口」すべてに当てはめることってアリだと思います。

そうすることで、『リ・バランス』という名のメンテナンス作業から解放され、投資が同じ姿勢で長く続けやすくなると考えます。

あっ、この旨を発言した後、山崎さんから集中砲火?を浴びたのですが・・(笑)

初心者向きはウソ。バランスファンドの7つの注意点

中身を把握して運用するにはバランスファンドではなく個別の資産に投資するファンドに自分で金額を決めて投資するほうが良い。また、中身が把握できていない状態で漠然とバランスファンドに投資することがいいとは思えない。初心者だからといって、投資家を馬鹿にしてはいけないと、筆者は思う。





バランスファンドに対する批判


バランスファンド投資に対する批判は昔からありますが、その主な理由は3つあります。

1.投資に対する理解が不十分となる。
アセット・アロケーション(資産配分)を自分で決める必要がないメリットがあるが、反対にアセット・アロケーションやリスクの理解が十分でなくとも投資が出来てしまうため、投資に対する理解が不十分となる恐れがある。

2.運用が非効率的
リバランスを頻繁に行うため、リターンが下がる。
また、非課税口座で投資をする場合に、リターンの低い債券にも投資をすることなるため、節税メリットを十分に活用できない。

3.国内債券に投資をするべきではない。
日本の国債はマイナス金利であるため、リターンがほぼ0%になっている。
将来、マイナス金利政策が解除された場合、国内債券投資で損失を出すことになる。


これらの批判はもっともな話であります。

ベストな投資を狙うなら、これらを考えて投資をする必要があるでしょう。


ただ、私は思うのは、

投資はベスト以外は全否定されるのか?

ということ。

投資ではベスト以外は許されないのでしょうか。



続きを読む

AKI成長株ファンド月次報告(17年10月)

2017年10月の運用成績を報告いたします。




【29.10運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+3.8%
  年 次:+26.4%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.6%
  年 次:+7.1%

ウ.総合成績
  月 次:+3.6%
  年 次:+24.6%


エ.TOPIX
  月 次:+5.4%
  年 次:+16.3%




2.概 況

10月は大型株を中心に株価が上昇し、日経平均株価が22,000円を上回るなど、株式市場は堅調に推移しました。

当ファンドは、相場好調を受けて堅調に推移したものの、小型株中心のポートフォリオであるため思ったような追い風に乗ることはできず、TOPIXを下回る結果となりました。



3.売 買

新規購入:ハウスドゥ、イーレックス、スターゼン、ヨシックス
完全売却:第一交通産業、南海プライウッド

新規に購入した銘柄はハウスドゥ、イーレックス、スターゼンの3銘柄
ヨシックスは株主優待狙いで100株のみの保有です。

購入資金捻出のため第一交通産業と南海プライウッドを売却しましたが、第一交通産業は売却したところに好材料が出て株価が上がってしまいました。

10月末のキャッシュポジションは約9%です。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 6065 ライクキッズネクスト
3位 4345 シーティーエス
4位 2551 マルサンアイ
5位 6173 アクアライン

上位銘柄は前月5位の南海プライウッドを売却したため、アクアラインが繰り上げでランクインしました。




5.購入検討銘柄

8043 スターゼン
9035 第一交通産業
9517 イーレックス

株価の状況を見ながら購入を考えていきます。



投資と1万時間の法則

10000hr


皆さんは1万時間の法則って知っていますか?

有名な法則なんだそうですが、私は昨日まで知りませんでした(汗)




1万時間の法則


1万時間の法則は、マルコム・グラッドウェル氏の著書天才!成功する人々の法則で紹介され、有名になった法則です。

どんな分野でも一流になるためには、1万時間の努力が必要である。

というのが要旨です。


1万時間の法則は、プロのスポーツ選手や世界的な音楽家が大成するまでにどれくらいの時間を要したのかを調べたもので、これらの分野の頂点に立つ人々は、練習におよそ1万時間を費やしていたということです。

どれくらい期間、努力すれば1万時間を達成できるのか?
1日8時間努力だと3年5か月ほどで1万時間に到達します。

労働時間並みに頑張って3年以上かかりますから、余暇の時間を使って達成しようとしたら、早くても5年、下手したら10年くらいはかかりそうです・・・。


続きを読む
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン