成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


投資と1万時間の法則

10000hr


皆さんは1万時間の法則って知っていますか?

有名な法則なんだそうですが、私は昨日まで知りませんでした(汗)




1万時間の法則


1万時間の法則は、マルコム・グラッドウェル氏の著書天才!成功する人々の法則で紹介され、有名になった法則です。

どんな分野でも一流になるためには、1万時間の努力が必要である。

というのが要旨です。


1万時間の法則は、プロのスポーツ選手や世界的な音楽家が大成するまでにどれくらいの時間を要したのかを調べたもので、これらの分野の頂点に立つ人々は、練習におよそ1万時間を費やしていたということです。

どれくらい期間、努力すれば1万時間を達成できるのか?
1日8時間努力だと3年5か月ほどで1万時間に到達します。

労働時間並みに頑張って3年以上かかりますから、余暇の時間を使って達成しようとしたら、早くても5年、下手したら10年くらいはかかりそうです・・・。


続きを読む

AKI党マニフェスト2017

海辺の親子

今年は国政選挙はないものと思っていましたが、想定外の選挙シーズンが到来しました。

選挙となれば、恒例の?AKI党マニフェストですよね。

2016年版と比べ、さらにパワーアップしたマニフェストをお届けします。

AKI党の綱領と合わせてご覧ください。



AKI党 綱領



■最大公約数の国民幸福を追求する。
 特定の人たちの幸福ではなく、日本のため、最大公約数の国民の幸福を追求します。

■清廉の精神
 AKI党員は清廉であることを絶対条件とします。
 お金は公的資金のみに依存し、政治献金等は一切受け付けません。

■国民に媚びない。
 国民の意見は広く募集しますが、国民に媚びることはしません。
 選挙の際もお願いはしません。お願いをすると利害関係が発生します。
 



2017 AKI党マニフェストの概要



■成長戦略
  ・2030年までに出生率を2.1まで引き上げる。
   

■経済対策
  ・インフレターゲット(2〜3%)を導入する。
  ・財政出動により、景気刺激&デフレ脱却&国土強靭化を図る。


■福祉対策
  ・子育て支援の強化
  ・子育て世代への所得移転
  ・基礎年金は消費税方式
   

■防 衛
  ・自分の国は自分で守る。

■外 交
  ・中国、韓国、北朝鮮以外の国と仲良くする。



詳しく知りたいという変わり者の方がいましたら、続きをクリックして下さい。


続きを読む

AKI成長株ファンド月次報告(17年9月)

2017年9月の運用成績を報告いたします。




【29.9運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+2.1%
  年 次:+21.8%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.5%
  年 次:+5.4%

ウ.総合成績
  月 次:+2.1%
  年 次:+20.3%


エ.TOPIX
  月 次:+3.5%
  年 次:+10.3%




2.概 況

9月は北朝鮮による水爆実験などがあり地政学的な不安定さが続きましたが、株式市場は北朝鮮慣れしたのか堅調に推移しました。

当ファンドは、地政学的なリスクの高まりを受け、念のためにポジションの縮小とダブルインバースによるヘッジを行いましたが、これが裏目に出てしまい、底値売り&株価上昇による損失を受けてしまいました。
下旬にかけて買い転換したものの伸び悩み、パフォーマンスはプラスではあるもののTOPIXを下回る結果となりました。



3.売 買

新規購入:マルサンアイ、日経平均ダブルインバース、マルゼン
買い増し:ライクキッズネクスト
完全売却:ステラ ケミファ、日経平均ダブルインバース、平山ホールディングス
一部売却:ギガプライズ、ゲンキー
優待クロス:第一興商、ANAホールディングス、日本航空、ヤマダ電機


9月は北朝鮮の地政学リスクを懸念して、中旬ごろに保有株の売却、ダブルインバースの購入を進めました。
しかし、株価は一時下がったもののすぐに切り返し、日経平均株価は2万円を回復
売買が裏目となりパフォーマンスを落とす原因となってしまいました。

新規に購入した銘柄はマルサンアイとマルゼン

マルサンアイは新工場が6月に完成し、増産を始めました。
四季報は新工場の減価償却を懸念しているためパッとしませんが、フル生産状態でそこまで利益を削るとは思えなかったので購入に踏み切りました。

マルゼンは業績が好調であることと、株主優待の権利月であったことから購入しました。

痛恨の売買となったのがステラ ケミファ
キャッシュポジションを引き上げるために売却しましたが、ほぼ9月の底値での売却でした。
売らずに持っていれば損切りではなく儲かっていたので、後悔しきりです。

9月末のキャッシュポジションは約10%です。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 6065 ライクキッズネクスト
3位 4345 シーティーエス
4位 2551 マルサンアイ
5位 7887 南海プライウッド

上位銘柄の入れ替えを行ったため、TOP5は変動しました。
ライクキッズネクストを買い増したことにより2位に浮上
完全売却をしたステラ ケミファはポートフォリオから消滅しました。
また、一部売却をしたゲンキーが5位からランク外に転落です。




5.購入検討銘柄

5194 相模ゴム工業
6173 アクアライン
2551 マルサンアイ

株価の状況を見ながら保有銘柄の買い増しを考えていきます。



日経マネー 2017年11月号を買ってきた

日経マネー 2017年11月号を買いました。

日経マネーは、個人投資家、特にバリュー投資家を多く取り上げてくれるので勉強になりますね。

ただ、バリュー投資をメインに据えて、雑誌の売れ行きはどうなんだろうか?という疑問はあります。


バリュー投資はハイリターンですが、それでも1年で2倍になるようなことはほとんどありません。

財務諸表やビジネスモデル、割安度の分析も必須になります。

地味だし難易度は高いと思うので、一般の人からみるとかなりマニアックで敷居の高い投資法だと思います。


需要はあるんだろうか?


私が心配することではないんでしょうが、最近気になってます(笑)


今号は買ってみると思いのほか勉強になったので、特に気になった記事をいくつかご紹介しようと思います。



続きを読む

暇だったのでICBMの発射を妄想してみた

明日はいよいよ北朝鮮の建国記念日ですね。

めでたい日なので、盛大な打ち上げ花火があるかもしれません。


私は念のため
キャッシュポジション20%&ダブルインバース装備
で週末を迎えることにしました。

月曜の株価がどうなるのか楽しみなような不安なような・・・



話は変わりますが、花火を打ち上げるとしたら、どんな風に打ち上げるのかもちょっと気になりますね。

今日はその話題が職場で盛り上がりました。


そこで、私だったらどうするかな〜と妄想してみることにします。





どこを狙えば。


もし、私が北の将軍様だったらどうしたいか。


私なら自作のICBMを自慢したい(笑)


なんでも火星14号の射程距離は1万kmあるらしい。

それなら1万km飛ばしてみたいと思いますよね!

だって、1万km飛ばすために作ったんだから。



1万km飛ばしたいならどこを狙えばいいんだろう?


chizu1


皆さんはこの地図を見て、どこを狙いたいですか?




続きを読む

【書評】1000円投資習慣 めんどくさいことはわからなくても、ほったらかしでも、お金は増える

シノビー本


1000円投資習慣 めんどくさいことはわからなくても、ほったらかしでも、お金は増える
著者:内藤 忍
出版社:SBクリエイティブ
価格:¥1,296
オススメ度:★★(最高は★★★)



インデックス投資家に絶大な人気?を誇る内藤さんが書いたインデックス投資本です。

本のタイトルが、大ヒットとなっているはじめての人のための3000円投資生活に似ていることから、気になって手に取りました。

読んでみてどうだったかと言えば、満足できる1冊でした。
投資入門者に向けて、基礎的な内容を丁寧に教えてくれます。


最初は1000円でいいから投資を始めてみて、気に入ったらお金を増額していきましょう、という投資入門者の王道ストーリーになっています。


本書の一番良い点は、結論を曖昧にせず、ズバッと言い切っているところです。

投資には唯一1つの正解はないため、あれもある、これもある、という八方美人的な書き方になりがちです。
しかし、知識のない入門者に選択肢を与えてしまうと、選べなくなってしまい、結局投資はしないという結論になることがあります。

本書では、「だいたい正しかったらOKでしょ!」と言わんばかりの、1つの問いに1つの答えを用意しています。
答えは1つなので、読者が迷うことはありません。


実に良い。


3000円投資生活と比較すると、本書の方が投資寄りになっています。その分、節約など投資以外の説明は少な目です。

それと、3000円投資生活はバランスファンドを勧めていますが、本書では個別のインデックスファンドへの投資を勧めている点が大きく違います。

私は、管理の簡単なバランスファンドを勧めていて、節約も学べる3000円投資生活の方が、より入門者向けとは思いますが、どちらが良いかは好みの問題でしょう。


本書は投資を始めてみたいと思っている入門者にピッタリです。
入門者が疑問に思うところを「丁寧」かつ「ハッキリ」答えを教えてくれるので、迷うことなく投資を始めることができるでしょう。

評価は悩みましたが、
入門者には個別ファンドよりバランスファンドを勧めるべきではないか、
と私は考えているので、★を1つ落として★★(星2つ)とします。

※最後の最後にワンルームマンション投資が出てくるのはお約束!?




AKI成長株ファンド月次報告(17年8月)

2017年8月の運用成績を報告いたします。




【29.8運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.4%
  年 次:+19.2%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.1%
  年 次:+3.9%

ウ.総合成績
  月 次:−1.3%
  年 次:+17.9%


エ.TOPIX
  月 次:−0.1%
  年 次:+6.5%




2.概 況

8月は北朝鮮による弾道ミサイル発射がありましたが、相場は混乱もなく横ばいで推移しました。

当ファンドは、月初に主力銘柄である相模ゴムやユニバーサルエンターテイメントの株価が下落したことから、8月は厳しい運用となりました。
月後半に追い上げたものの、下落を回復させるまでには至らず、2017年4月以来、4か月ぶりにマイナス運用となっています。




3.売 買

新規購入:ステラ ケミファ、ユニゾホールディングス、日本ギア工業
買い増し:ゲンキー、アクアライン
完全売却:グリーンズ、スクウェア・エニックス・ホールディングス
一部売却:ギガプライズ、ユニバーサルエンターテインメント
優待クロス:ビックカメラ、ミニストップ


8月は決算、株価動向を受けて売買を行いました。

ゴタゴタがあり、今期業績にも不安が出てきたユニバーサルエンターテインメントの大部分を売却し、様子を見ることにしました。

また、ギガプライズも今期は先行投資時期であるため、ポジションを半分に落とし、主力銘柄から通常銘柄に格下げを行いました。

グリーンズは鳴かず飛ばず状態なので見切り売り。

業績の好調そうなゲンキーとアクアラインを買い増しました。

初めて購入した銘柄も1つあります。
決算ダービー銘柄のステラ ケミファの株価が、転換社債の行使より株価が急落していたため、急きょ拾うことにしました。業績は好調そうなので、次の決算に期待します。

ユニゾホールディングス、日本ギア工業は株主優待狙いです。

8月末のキャッシュポジションは約15%です。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 4109 ステラ ケミファ
3位 4345 シーティーエス
4位 7887 南海プライウッド
5位 2772 ゲンキー

上位銘柄の入れ替えを行ったため、TOP5は大きく変動しました。
新顔のステラ ケミファはいきなり2位にランクイン。
購入直後に急騰してくれたので、思いのほかの上位で登場です。




5.購入検討銘柄

5194 相模ゴム工業
6065 サクセスホールディングス
6173 アクアライン

株価の状況を見ながら保有銘柄の買い増しを考えていきます。



資産形成推進法が可決成立

貴族


ブログサーフィンをしていて、資産毎に「階級」付けをやってみたブログがありました。

階級付け、面白そう。


例えば、資産毎に階級を付与します。
そして、階級ごとに特権を与えたら、資産形成のモチベーションになるんじゃないでしょうか。

みんな特権が欲しくて資産形成に励むようになる、みたいな。

貯蓄から投資にお金を向かわせたいなら、そういう施策があってもいいかもしれない。



というわけで、第1159回 国会閉会中審査に

資産形成推進法

をAKI内閣は緊急提出して、無理やり可決成立させました。



皆さん、特権獲得を目指して資産形成に励みましょう!




続きを読む

【書評】毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資

毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資
著者:吊ら男
出版社:ぱる出版
価格:¥1,620
オススメ度:★(最高は★★★)



著者は理論派インデックス投資ブロガーである吊ら男さん。

長期・分散・低コストを基本とするインデックス投資を学ぶことができます。

また、インデックス投資以外の投資法や資産形成方法と比較し、インデックス投資のどこが優れているのかも分かるような構成になっています。

本書を読むことで、投資を深く理解できるようになるので、オススメできる1冊と言えます。


ズボラ投資



ただ、本書は気になる点がいくつかあり、手放しには賞賛できないところがあります・・・。

一言で表すと、かゆいところに手が届かない感じ。


一番の問題点は、想定読者層と内容が一致していないところ。

読者層としては、初心者を対象にしていると思われますが、それにしては内容が難しく不親切です。
これでは初心者は付いていくことができません。

本書は半分がインデックス投資、残りの半分はそれ以外、という構成なので、インデックス投資の説明は意外と少ない。
ですので、説明が淡白になりがちで分量も少ないため、初心者がこの説明で理解するのは難しいでしょう。

また、アセットアロケーションの説明では、複数のパターンを掲載していますが、ただ掲載しているだけなので、アセットアロケーションをどうすればいいのか初心者は決断できないでしょう。
アセットアロケーションは初心者が悩む箇所なので、もっと明確に示す必要があります。


他にも章構成や話のつなぎ方が不自然なので、読みにくいと感じます。
初めての著書ですし金融関係で働いているわけでもないので、仕方ないのかもしれませんが。


インデックス投資ブロガー初の単著ということで期待していた1冊ですが、期待したほどの内容ではなかったため、少しガッカリしました。
(個人的にはスポーツを例にした平均値の説明を入れておいて欲しかった。昔、著者のセミナーに参加したことがあるんですが、この時の平均値の説明は分かりやすくて素晴らしかった。)


本書は、初心者用ではなく、初心者から中級者にステップアップしたい投資家が、復習も兼ねて読むのに丁度いい1冊です。
評価は★(星1つ)とします。




経済的自由を実現する確率が高いと思う手段は何だと思いますか?

スパークス001



スパークス・アセットマネジメントと言えば、投資家で知らない人はいないでしょう。

アクティブ運用で定評のある老舗の運用会社です。


このスパークスさん、ちょこちょこお金に関するアンケートをしています。

このアンケート、身近な話題をいろいろ取り上げていて、なかなか面白いです。

今回は、
日本経済と株式投資に関する意識調査2017 春
というアンケートを取り上げてみます。


このアンケートの中で衝撃を受けたものがありました。


質問内容は以下のとおりです。

Q 経済的自由(働かなくても生きていくお金に困らない生活)を実現する確率が高いと思う手段[制限複数回答形式(回答数3つまで)]


選択肢が複数用意されているんですが、皆さんはどれを選びますか?

・勤労・節約・貯金に励む
・宝くじを 当てる
・株式投資
・不動産投資
・外貨・FX投資
・投資信託
・ヒットコンテンツを生みだす(印税・著作権・広告収入)
・独立・起業する(事業経営)
・新技術や新商品を開発する(特許収入)
・その他
・わからない/特になし


私であれば、
・株式投資
・不動産投資
・投資信託
あたりをチョイスするかな。

続きを読む
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン