成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


AKI成長株ファンド月次報告(20年7月)簡易版

2020年7月の運用成績を報告します。

7月も取り急ぎ簡易版での報告です。


【2.7運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−3.4%
  年 次:−6.8%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.5%
  年 次:−5.0%

ウ.総合成績
  月 次:−2.6%
  年 次:−6.5%


エ.TOPIX
  月 次:−4.0%
  年 次:−13.0%


プラ転が見えてきたところでの失速となってしまいましたが、8月は決算シーズンなので決算如何で投資成績は大きくブレてきそうです。
最主力の日本KFCの1Q決算発表は今日。ドキドキする週末になります。


AKI成長株ファンド月次報告(20年6月)簡易版

2020年6月の運用成績を報告します。

今ちょっと忙しいので取り急ぎ簡易版での報告です。


【2.6運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+3.4%
  年 次:−3.5%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.7%
  年 次:−6.4%

ウ.総合成績
  月 次:+2.9%
  年 次:−4.0%


エ.TOPIX
  月 次:−0.3%
  年 次:−9.4%

AKI成長株ファンド月次報告(20年5月)

2020年5月の運用成績を報告します。


【2.5運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+3.5%
  年 次:−6.7%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+2.7%
  年 次:−7.0%

ウ.総合成績
  月 次:+3.3%
  年 次:−6.8%


エ.TOPIX
  月 次:+6.8%
  年 次:−9.2%




2.概 況

5月の株式市場はコロナウイルスが収まってくる流れに比例して、株式が上昇してきました。
これまでコロナによる影響を大きく受けるであろう銘柄が大きく下落していましたが、コロナ収束が意識された結果、アフターコロナ銘柄が特に大きく株価を上げた一か月でした。

私のポートフォリオはウィズコロナ銘柄が大半を占めており、アフターコロナ銘柄はあまり持っていなかったため、相場の上昇にはいまいち乗り切れず、小幅な上昇に留まりました。

積立投資を行っている米国株は少額ながらも堅調に推移し、GAFAMをはじめとする米国株の強さを実感した一か月でした。
米国株は暴落時のスポット買いという側面が強いので、6月は積立のペースを落とす予定です。

コロナショックは第一波はなんとか大事に至ることはなかった日本ですが、いずれ第二波が来ることは確実であると考えており、今後も資産を大きく失わないことを基本方針とし、必要に応じて日経ダブルインバースでヘッジしつつ、欲しい個別株を少しずつ購入しています。





3.売 買

【新規購入】
 9267 Genky DrugStores
     月次が良いのと大量出店が面白そうと感じて。

 9861 吉野家ホールディングス
     ポケ盛り復活に期待して!


【買い増し】
 7508 G−7ホールディングス
     なぜか株価が下落したので買い増し。


【積立投資】
  ONE TAP BUYを使って11銘柄を毎月1,000円を積立投資しました。
 5月にウォルト・ディズニーを追加して11銘柄に投資をしています。
 ちなみに私のイチオシはエヌビディア。VRは将来かなり伸びると予想

 アップル、アマゾン、アルファベット、ウォルト・ディズニー、エヌビディア、ビザ、ブッキングHD、マイクロソフト、マスターカード、SPDR S&P500 ETF、インベスコQQQ





4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。
1位 9873 日本KFCホールディングス
2位 7065 ユーピーアール
3位 7564 ワークマン
4位 4690 日本パレットプール
5位 4689 Zホールディングス


決算の失速を受けギガプライズが大幅下落、ランク外に。
代わりにZホールディングスが5位に入りました。





5.購入検討銘柄

 9616 共立メンテナンス
     優良ホテル銘柄を仕込むチャンス

 4686 ジャストシステム
     安くなれば買いたい銘柄
 
 3097 物語コーポレーション
     株価が下がったら絶対買う。

 9267 Genky DrugStores
     月次を見ながら買い増していきたい。


アメリカ株の1000円積立をはじめたよ

ワンタップバイ1ワンタップバイ2


ワンタップバイ3

前から買ってみたいと思っていたアメリカ株

株価が下がったコロナショックは絶好の投資チャンスだと思ったので、4月からOne Tap Buyを使ってアメリカ個別株の積立投資を始めました。

ワンタップバイは日米の大型個別株やETFに投資をできるスマホ証券
ここは普通に売買するだけでなく、個別株に1回1,000円から積立投資できるのが特徴です。
毎週、毎月、毎年の3つから積立するタイミングが選べるのがいいですね。


ワンタップバイの個別株積立投資を利用してみてメリットは3つあると感じました。

1 アメリカ株に投資できる。

日本の大型株は成長力に乏しい銘柄が多くあまり魅力を感じませんが、アメリカ株は有名な大型株がガンガン成長しているのが良いですね。
こういった暴落時期に買っておくと将来大きなリターンを生むことができそうです。

2 投資タイミングが気にならない。

一般に個別株を買う場合、投資タイミングを狙うことは重要になります。
数日の違いでリターンが数十%違ってくることもありますからね。
でも、積立投資だと定期的に買ってくれるので投資タイミングが気にならなくなりました。

3 少額でも買える。

個別株を買うにはそれなりにお金が必要です。
小額から買えると言われているアメリカ株でも数万円は必要
ワンタップバイだと1,000円から買えるので、お金があまりなくても投資をすることができます。
私の場合はすでにiDeCoや積立NISAで投資をしていて、投資余力はあまりありません。
なので1,000円から買えるというお手軽さはかなりありがたいです。

続きを読む

AKI成長株ファンド月次報告(20年4月)

2020年4月の運用成績を報告します。


【2.4運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+10.3%
  年 次:−9.8%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+2.0%
  年 次:−9.4%

ウ.総合成績
  月 次:+8.8%
  年 次:−9.8%


エ.TOPIX
  月 次:+4.3%
  年 次:−14.9%




2.概 況

4月はコロナウイルスの影響を受けながらも、3月の暴落の反動からか株価は堅調に推移しました。
一色の相場となり、株価は大きく下落しました。
4月のトピックとしては、米国株への積立投資を始めました。基本、右肩上がりの米国株ですので、こういった相場動乱期に大型成長株を仕込んでいきたい。
予想外の値動きに驚いていますが、株価が上がっても下がっても対応できるよう、ポジション量に注意を払いつつ投資をすることが大切ですね。
今後も資産を大きく失わないことを基本方針とし、必要に応じて日経ダブルインバースでヘッジしつつ、欲しい個別株を少しずつ購入しています。





3.売 買

【新規購入】
 2208 ブルボン
     STAY HOMEでお菓子の需要が増えると感じて。アルフォート!

 9616 共立メンテナンス
     ずっと欲しかった共立メンテナンスを打診買い。

 7508 G−7ホールディングス
     コロナ関連銘柄であることと、99イチバ買収に期待して。
 
 7516 コーナン商事
     STAY HOMEで需要が増えそうと感じて。

 TSM  台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング
     いいと聞いて衝動買い。S&P500より10年リターンはよい。


【売 却】
 3097 物語コーポレーション
     飲食業はしばらく厳しいと感じ売却したものの、少し後悔中

 1717 明豊ファシリティワークス
     設備投資系は当分の間は厳しいと感じ売却

 2790 ナフコ
     コーナン商事と銘柄入れ替えのため。
 
 8699 澤田ホールディングス
     損切が遅れたことを激しく後悔、イベント系投資はむずい。


【積立投資】
 米国株の積立投資を始めました。
 ONE TAP BUYを使って10銘柄を毎月1,000円積み立てていきます。

 アップル、アマゾン、アルファベット、エヌビディア、ビザ、ブッキングHD、マイクロソフト、マスターカード、SPDR S&P500 ETF、インベスコQQQ





4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。
1位 9873 日本KFCホールディングス
2位 4690 日本パレットプール
3位 7065 ユーピーアール
4位 3830 ギガプライズ
5位 7564 ワークマン

ギガプライズ、ユーピーアールの株価が反発しランキング内に復帰





5.購入検討銘柄

 9616 共立メンテナンス
     優良ホテル銘柄を仕込むチャンス

 4686 ジャストシステム
     安くなれば買いたい銘柄
 
 3097 物語コーポレーション
     株価が下がったら絶対買う。



コロナ・ショック その時あなたはどう動いた?

日経マネー』が毎年行っている個人投資家アンケートの季節が今年もやってきました。

【日経マネー】2020年 個人投資家調査


私もやってみましたが、今年はコロナ・ショックがあったところなので、それに絡んだアンケートになっています。
個人投資家がコロナ・ショックにどう立ち向かったのか。
それが分かるこのアンケートは結果が楽しみです。


アンケート期間は、5月6日(水)23時59分まで。


回答した人の中から抽選で、10万円相当のギフト券などのプレゼントもあります。

今年のゴールデンウィークは外出が難しいので、暇だなーというは、ぜひアンケートに答えてみて下さい。



AKI成長株ファンド月次報告(20年3月)

2020年3月の運用成績を報告します。


【2.3運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.4%
  年 次:−18.2%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−7.6%
  年 次:−11.2%

ウ.総合成績
  月 次:−2.6%
  年 次:−17.1%


エ.TOPIX
  月 次:−7.1%
  年 次:−18.5%




2.概 況

3月はコロナウイルス一色の相場となり、株価は大きく下落しました。
詳しくはコロナショック 2〜3月投資まとめに書いていますが、資産を大きく失わないことを基本方針とし、日経ダブルインバースでヘッジしつつ、欲しい個別株を少しずつ購入しています。
4月も引き続き同じ方針で臨む予定です。




3.売 買

【新規購入】
 1357 日経ダブルインバース上場投信
     コロナショックを和らげるためヘッジ目的で購入

 3097 物語コーポレーション
     ずっと欲しかった物語コーポの株価が下がったので購入

 9832 オートバックスセブン
     株価の下落により買いやすくなったため、株主優待目的で購入


【買い増し】
 7813 プラッツ

 8699 澤田ホールディングス

 9621 建設技術研究所

 9873 日本KFCホールディングス
     2月月次が良かったことと、株価が下値抵抗線である2,000円近辺になったため。


【売 却】
 1357 日経ダブルインバース上場投信
     株価が急騰したため売却

 8922 日本アセットマーケティング
     株価が急騰したため売却

 9873 日本KFCホールディングス
     3Q決算が期待値の届かなかったため、大部分を売却


【優待タダ取り】
  カッパ・クリエイト、コロワイド、JALUX、プレサンスコーポレーション、モスフードサービス、ゼンショーホールディングス




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 1357 日経ダブルインバース上場投信
2位 9873 日本KFCホールディングス
3位 4690 日本パレットプール
4位 7564 ワークマン
5位 9621 建設技術研究所
6位 7813 プラッツ

日経ダブルインバースが1位
日本KFCは買い増しして、2月末と比べての持ち株数は増えています。
先月2位のギガプライズは株価が大きく下落し圏外に。



5.購入検討銘柄

 2484 出前館
    LINE傘下でV字回復なるか。

 3830 ギガプライズ
     アキ、怒りのナンピン

 9616 共立メンテナンス
     優良ホテル銘柄を仕込むチャンス

 4686 ジャストシステム
     安くなれば買いたい銘柄

 7508 G−7ホールディングス
     やっぱ、守りに固い銘柄は業務スーパーだよね。
 
 ドラッグストア関連



コロナショック 2〜3月投資まとめ

2月中旬から3月にかけて、株式市場はコロナショックに襲われた1か月でした。
私は資産を大幅に減らしてしまいましたが、検証と反省に生かすため、自身の取った行動をまとめておきます。


【2月17日(月)】
超主力銘柄である日本KFCの大部分を売却する。
理由は決算がいまいちだったためであるが、コロナウイルスにより株式市場が不安定なので、銘柄の入れ替えはせず様子を見ることにする。

【2月29日(土)】
キャッシュポジション36%で2月を終える。
高PERのワークマン、ギガプライズ、ユーピーアールを売却するか何度も悩んだが結局保有のまま。
月次:−12.3%、年次:−17.0%

【3月3日(火)】
株価底打ちの可能性を考え、寄り付きで3銘柄購入
結果、寄天での購入となりひたすら含み損の日々を過ごすことになる。
購入銘柄:建設技研、アイフル 、プラッツ

【3月4日(水)】
これ本気でやばいんじゃないかと思い始め、ヘッジ売りを入れた。
購入銘柄:日経ダブルインバース

【3月5日(木)】
やばいと思い始めたのに、前からずっと欲しかった優待銘柄オートバックスを購入
かぶ1000さんもオートバックスは安いとか言ってたし(笑)
翌週は暴落となり、含み損街道を驀進することになるとも知らずに・・・。
購入銘柄:オートバックス

【3月13日(金)】
この週はコロナショックの本番で大暴落する。
13日(金)はアメリカの暴落を受け日経も暴落する。
目安としていた日経17,000円割れ(下落率30%)が起こったため、底になる可能性を考慮し買いを入れることにした。ただし、怖いので本気買いは入れず1銘柄の買い増しのみ。
購入銘柄:日本KFC

【3月15日(日)】
3月の半分が終わった。
高PERのワークマン、ギガプライズ、ユーピーアールの下落率が半端ない。
下げ相場での高PER銘柄の破壊力は凄まじい。
分かっているつもりだったが分かっていなかった・・・。
高PER銘柄はダメ、ゼッタイ!
月次:−6.4%、年次:−22.4%
キャッシュポジションは14%
また、日経ダブルインバースが資産の24%を占めている。

【3月18日(水)】
日経平均株価が17,000円を割り込んだことから2銘柄を購入
物語コーポレーションは2月の月次が良かったことと、優待が欲しかったことが購入の動機です。
購入銘柄:日本KFC、物語コーポ

【3月24日(火)】
2週間で株価は20,343円→16,480円まで下がり、ここ数日は株価が16,000円台で踏みとどまっていることから、当面の底である可能性を感じ、日経ダブルインバースをリリースすることに。
売却銘柄:日経ダブルインバース

【3月26日(木)】
株価はリバウンドの動きを見せていたものの、東京都のロックダウン懸念が出てきたことから、再びヘッジ売りをセット。いのちだいじにで行きたい。
購入銘柄:日経ダブルインバース

AKI成長株ファンド月次報告(20年2月)

2020年2月の運用成績を報告します。


【2.2運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−12.3%
  年 次:−17.0%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−3.6%
  年 次:−3.8%

ウ.総合成績
  月 次:−10.8%
  年 次:−14.9%


エ.TOPIX
  月 次:−10.3%
  年 次:−12.2%




2.概 況

2月はコロナウイルスの影響が大きくなり株価が大きく下落し始めるなか、主力のケンタッキーやギガプライズの決算が不調であり、株価が大きく下落しました。
ケンタッキーは大部分を売却したものの、その他の主力銘柄であるギガプライズやワークマンといった高PER銘柄を引き続き保有したため、全体相場の下落の影響をより大きく受ける結果となっていました。
相場が不安定な状況にも関わらず高PER銘柄を持ち続けたことは、バリュー投資家として大きな反省事項となります。

3月はコロナウイルスの動向を見極めながら慎重に投資をしていきます。




3.売 買

【新規購入】
 8699 澤田ホールディングス
     TOB合戦による価格の引き上げを期待して。
     ワークマンのパクリ業態であるフィールスカイの注目


【完全売却】
 7518 ネットワンシステムズ
     株価が急騰したため売却

 8922 日本アセットマーケティング
     株価が急騰したため売却


【一部売却】

 9873 日本KFCホールディングス
     3Q決算が期待値の届かなかったため、大部分を売却


【優待タダ取り】
  アークス、ドトール・日レスホールディングス、
  ウエルシアホールディングス、ミニストップ、
  ビックカメラ、イオンモール




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 9873 日本KFCホールディングス
2位 3830 ギガプライズ
3位 7564 ワークマン
4位 4690 日本パレットプール
5位 7065 ユーピーアール

順位は先月と変動はありませんが、日本KFCの持ち株数は大きく減っています。




5.購入検討銘柄

 8570 イオンフィナンシャルサービス
     大型販促キャンペーンが終わったことによる利益改善に期待

 9873 日本KFCホールディングス
     2月以降の月次が良ければ買い戻したい。



AKI成長株ファンド月次報告(20年1月)

2020年1月の運用成績を報告します。



【2.1運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−5.5%
  年 次:−5.5%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.2%
  年 次:−0.2%

ウ.総合成績
  月 次:−4.6%
  年 次:−4.6%


エ.TOPIX
  月 次:−2.1%
  年 次:−2.1%




2.概 況

1月は下旬にかけてコロナウィルスによる株価下落があり軟調な1か月となりました。
資産は減少したものの、株価下落時には買い向かいキャッシュポジションを引き下げました。




3.売 買

【新規購入】
 2790 ナフコ
     株主優待目的で100株購入
     ワークマンのパクリ業態であるフィールスカイの注目

 3444 菊池製作所
     マッスルスーツが2020年にブレイクするかも!?

 4690 日本パレットプール
     月末の下落時に購入し主力の一角に。
     パレット需要は旺盛、同業のUPRの決算をみての決算プレイ

 7518 ネットワンシステムズ
     不祥事起こしているけどダメージは小さいんじゃね?
     という勉強会での推奨を聞いて購入

 8515 アイフル
     勉強会で「神」だと力説されたので購入
     8年前には資産4桁万円到達に貢献してくれた銘柄

 8922 日本アセットマーケティング
     勉強会で資本政策と株価に不穏な空気ありと聞いて購入
     本当でびっくり。


【売 却】
 9696 ウィザス
     日本パレットプール購入資金捻出のため売却


 9873 吉野家ホールディングス
     期待していたポケ盛キャンペーンの中止、悪決算を受けて売却




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 9873 日本KFCホールディングス
2位 3830 ギガプライズ
3位 7564 ワークマン
4位 4690 日本パレットプール
5位 7065 ユーピーアール




5.購入検討銘柄

 8570 イオンフィナンシャルサービス
     大型販促キャンペーンが終わったことによる利益改善に期待


livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
・日本の億万投資家名鑑 必勝編
・俺の株式投資術
・MONOQLO the MONEY 2018年12月号
・日経マネー2019年1月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%
2018年 -9.2%
2019年 +15.4%

2009〜2019年 +1441.3%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン